さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朱扇

 
淺間颪に        やみがたき       林檎樹林の       胸深く         
如何なる家の      淺き瀬の        畑中は         
 
 
 

10478
淺間颪に 吹きさらされむ 日も近く 防風林めぐらす 家々はあり
アサマオロシニ フキサラサレム ヒモチカク ボウフウリンメグラス イエイエハアリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10479
やみがたき 思慕に訪ひ來し 日も遠し 山なみ蒼き 君がふるさと
ヤミガタキ シボニトヒキシ ヒモトオシ ヤマナミアオキ キミガフルサト

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10480
林檎樹林の 間の小道 もとほりて 遂げがたかりし 戀の日を追ふ
リンゴジュリンノ アワヒノコミチ モトホリテ トゲガタカリシ コイノヒヲオフ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10481
胸深く 古き牧歌の 鳴るごとし 暮れゆく原に 尾花そよげり
ムネフカク フルキボッカノ ナルゴトシ クレユクハラニ オバナソヨゲリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10482
如何なる家の 建ちゆくならむ 道の邊の 地鎮めの式に 人等集へる
イカナルイエノ タチユクナラム ミチノベノ チシズメノシキニ ヒトラツドヘル

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10483
淺き瀬の さざなみ光る 千曲川 堤の道を 人はゆきかふ
アサキセノ サザナミヒカル チクマガワ ツツミノミチヲ ヒトハユキカフ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10484
畑中は 籾殻を燒く うすけむり 淺間嶺もいつか 暮れゆきにけり
ハタナカハ モミガラヲヤク ウスケムリ アサマミネモイツカ クレユキニケリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5