さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朱扇

 
肩揉みて        病む母を        校正の         安き米         
 
 
 

10474
肩揉みて ほしと君言ふ 書きかけの 原稿を音たてて 破りし後に
カタモミテ ホシトキミイフ カキカクノ ゲンコウヲオトタテテ ヤブリシアトニ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10475
病む母を 訪はむ願ひも きりのなき 繕ひものに 一日暮れたり
ヤムハハヲ トハムネガヒモ キリノナキ ツクロヒモノニ ヒトヒクレタリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10476
校正の 赤鉛筆けづりつつ 又母の 病ひのことを 思ひてゐたり
コウセイノ アカエンピツケヅリツツ マタハハノ ヤマヒノコトヲ オモヒテヰタリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5


10477
安き米 買ひおきてとりに ゆく我を 待ちいますとふ 母を思へり
ヤスキコメ カヒオキテトリニ ユクワレヲ マチイマストフ ハハヲオモヘリ

『朱扇』(朱扇社 1953.1) 第5巻1号 p.5