さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朱扇

 
思ひ起す        かの草山に       みどり兒を       山の彼方に       
風化して        理想もちて       子のなきを       暗き繪を        
癒ゆる望の       風の中に        酒倉の         アララギに       
 
 
 

10452
思ひ起す 事も稀になりて ゐしものを 亡き吾兒が今朝の 夢に顯ちたり
オモヒオコス コトモマレニナリテ ヰシモノヲ ナキアコガケサノ ユメニアラワチタリ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.2


10453
かの草山に 殘し來し吾兒が 墓を想へば 漂泊の身の ごとく儚し
カノクサヤマニ ノコシコシアコガ ハカヲオモヘバ サスラヒノミノ ゴトクハカナシ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.2


10454
みどり兒を 喪ひし深傷 忘るべく 故郷を遠く 出で來つ君と
ミドリゴヲ モヒシフカデ ワスルベク コキヨウヲトオク イデキツキミト

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.2


10455
山の彼方に 雲ゆく見れば 訪ひ難き わがみどり兒の 墓邊想ほゆ
ヤマノカナタニ クモユクミレバ トヒガタキ ワガミドリゴノ ハカベオモホユ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.2


10456
風化して 傾きゐずや 年を經し かの草かげの 吾兒が墓標よ
フウカシテ カタムキヰズヤ トシヲヘシ カノクサカゲノ アコガボヒョウヨ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10457
理想もちて 混迷の世を 生きむには 潔からむ 子を持たぬ身よ
リソウモチテ コンメイノヨヲ イキムニハ イサギヨカラム コヲモタヌミヨ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10458
子のなきを 蔑まれ時に 羨まれ 靜かに日々の 過ぐるものかも
コノナキヲ サゲスマレトキニ ウラヤマレ シズカニヒビノ スグルモノカモ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10459
暗き繪を 見續くるごとき 友と思ふ 前の夫とも 死別したりき
クラキエヲ ミツヅクルゴトキ トモトオモフ マエノツマトモ シベツシタリキ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10460
癒ゆる望の なき人に仕へ 窶れたる 友と聞きつつ 訪ふ由もなし
イユルノゾミノ ナキヒトニツカヘ ヤツレタル トモトキキツツ トフヨシモナシ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10461
風の中に ひたすら麥を 刈りてゐき 落ち目となりし 舊家守りて
カゼノナカニ ヒタスラムギヲ カリテヰキ オチメトナリシ キュウカマモリテ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10462
酒倉の 棟並ぶ奥の 離れ家に めしひの母は ひとりいましき
サカグラノ ムネナラブオクノ ハナレヤニ メシヒノハハハ ヒトリイマシキ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3


10463
アララギに 二つのりゐし 友が歌 誦し終へて書店を 出づる密かに
アララギニ フタツノリヰシ トモガウタ ズシオヘテショテンヲ イヅルヒソカニ

『朱扇』(朱扇社 1952.10) 第4巻10号 p.3