さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朱扇

 
稀に來る        逢ひたしと       誘はれて        右は赤城        
息つめて        風速計の        夕暮の         
 
 
 

10397
稀に來る 人の手紙など 待ちわびて 何を生甲斐と なしゐる我ぞ
マレニクル ヒトノテガミナド マチワビテ ナニヲイキガイト ナシヰルワレゾ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.2


10398
逢ひたしと 囁くごとき 君が手紙 雨はひねもす 若葉を濡らす
アヒタシト ササヤクゴトキ キミガテガミ アメハヒネモス ワカバヲヌラス

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.2


10399
誘はれて 君とゆく旅を 思ふ夜の 窓にほのけし 菜の花明り
サソハレテ キミトユクタビヲ オモフヨノ マドニホノケシ ナノハナアカリ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.2


10400
右は赤城 彼方は淺間と 指す君の こだはらぬ聲に 救はるるなり
ミギハアカギ カナタハアサマト サスキミノ コダハラヌコエニ スクハルルナリ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.3


10401
息つめて 見つむる如き 君が視線 避けつつ今日の 心危ふし
イキツメテ ミツムルゴトキ キミガシセン サケツツキョウノ ココロアヤフシ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.3


10402
風速計の めぐれる空を 君も見つ 秘めて來し旅の 終らむ夕べ
フウソクケイノ メグレルソラヲ キミモミツ ヒメテキシタビノ オワラムユウベ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.3


10403
夕暮の 驛の歩廊の 別れ寂し 人の妻なる事も 告げ得ざりしかば
ユウグレノ エキノホロウノ ワカレサビシ ヒトノツマナルコトモ ツゲエザリシカバ

『朱扇』(朱扇社 1952.6) 第4巻6号 p.3