さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朱扇

 
バス降りて       對岸の         落し物         色あせし        
とげ含む        あさはかに       愚かなる        愚痴めきて       
霧深き         若き我には       
 
 
 

10262
バス降りて 十字路を よぎりくる 君よ夕陽の中の 我に手擧げて
バスオリテ ジュウジロヲ ヨギリクル キミヨユウヒノナカノ ワレニテアゲテ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10263
對岸の 家にも明るき 灯はともる 何時までならむ かかる平和も
タイガンノ イエニモアカルキ ヒハトモル イツマデナラム カカルヘイワモ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10264
落し物 せしことも頻りに わびしくて 襟立てて歩む 夕べの街を
オトシモノ セシコトモシキリニ ワビシクテ エリタテテアユム ユウベノマチヲ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10265
色あせし 造花も影を もつ夕べ 歸り來て座れば しみじみ寒し
イロアセシ ゾウカモカゲヲ モツユウベ カエリキテスワレバ シミジミサムシ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10266
とげ含む 言葉なりし事も 思ひ出づ 夕べ歸り來て 炭出しにつつ
トゲフクム コトバナリシコトモ オモヒイヅ ユウベカエリキテ スミダシニツツ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10267
あさはかに 振舞ふゆゑか 獨り身と 思はれ易き ことも寂しも
アサハカニ フルマフユヱカ ヒトリミト オモハレヤスキ コトモサビシモ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10268
愚かなる わが日常の ふるまひも 寫されゆかむ 君の小説に
オロカナル ワガニチジョウノ フルマヒモ ウツサレユカム ミキノショウセツニ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10269
愚痴めきて 輝かぬ言葉 のみ吐くを 懀しと夫の 思ふ日もあらむ
グチメキテ カガヤカヌコトバ ノミハクヲ ニクシトツマノ オモフヒモアラム

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10270
霧深き ロンドンの街を ゆける夢 さめて寂しも 身の冷えてをり
キリフカキ ロンドンノマチヲ ユケルユメ サメテサビシモ ミノヒエテヲリ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3


10271
若き我には 待つ幸福も あるならむ 涙もろくのみ なります母よ
ワカキワレニハ マツシアハセモ アルナラム ナミダモロクノミ ナリマスハハヨ

『朱扇』(朱扇社 1951.3) 第3巻3号 p.3