さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

蔗境3

 
空の果て        倚りてのみ       機械的な        眼交ひの        
そこはかと       従の立場に       遠山の         浜なすの        
雨の日の        灯ともれば       女ごゝろの       妻のわれに       
 
 
 

10174
空の果て 空につゞきて よるべなき 蜻蛉ぞひとつ 流れたゞよふ
ソラノハテ ソラニツヅキテ ヨルベナキ アキツゾヒトツ ナガレタダヨフ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10175
倚りてのみ ありへし女の 慣ひにて 朝ごゝろさへ 易く乱さるる
ヨリテノミ アリヘシオンナノ ナラヒニテ アサゴコロサヘ ヤスクミダサルル

『蔗境3』( 1949.9) p.


10176
機械的な 手仕事せめて する倦怠は 今朝の屈辱に かゝはる如し
キカイテキナ テシゴトセメテ スルケンタイハ ケサノクツジョクニ カカハルゴトシ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10177
眼交ひの 事象を超えて 星一つ 呼ぶさへむなし 遠きこゝろは
マナカヒノ ジショウヲコエテ ホシヒトツ ヨブサヘムナシ トオキココロハ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10178
そこはかと 心のまはり かたづけて 静かなる日や 合歓の花散る
ソコハカト ココロノマハリ カタヅケテ シズカナルヒヤ ネムノハナチル

『蔗境3』( 1949.9) p.


10179
従の立場に 何時しか吾を 慣れしめて 座せば静けき 妻の位置なる
ジュノタチバニ イツシカワレヲ ナレシメテ ザセバシズケキ ツマノイチナル

『蔗境3』( 1949.9) p.


10180
遠山の 果てを見つめて 何思ふ ひとの言葉とて はかなきものを
トオヤマノ ハテヲミツメテ ナニオモフ ヒトノコトバトテ ハカナキモノヲ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10181
浜なすの 花も吹かるゝ 潮風に ゆれやすかるは こゝろなりけり
ハマナスノ ハナモフカルル シオカゼニ ユレヤスカルハ ココロナリケリ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10182
雨の日の 窓に羽叩き しげくゐる 黄の蝶よすでに 吾は疲れぬ
アメノヒノ マドニハバタキ シゲクヰル キノチョウヨスデニ ワレハツカレヌ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10183
灯ともれば 花にも淡き 静脈の 透けてはかなき 見えそめにつゝ
ヒトモレバ ハナニモアワキ ジョウミャクノ スケテハカナキ ミエソメニツツ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10184
女ごゝろの 卑しさと思ふ 自意識も 湧きしまゝつい 決断とならず
オンナゴコロノ イヤシサトオモフ ジイシキモ ワキシママツイ ケツダントナラズ

『蔗境3』( 1949.9) p.


10185
妻のわれに 干與しがたき 形而上の 生活が君に あるを怖るゝ
ツマノワレニ カンヨシガタキ ケイジジョウノ セイカツガキミニ アルヲオソルル

『蔗境3』( 1949.9) p.