さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

埼玉婦人

 
たそがれの       外人に         水底の         鹿の鳴く        
雪深く         佛像は         
 
 
 

10154
たそがれの 湖を愛すと 彼は告げき 秘かに戀はれ ゐしにあらずや
タソガレノ ミズウミヲアイスト カレハツゲキ ヒソカニコハレ ヰシニアラズヤ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22


10155
外人に ピアノ習ふことも はゞかられ ショパンの樂譜 秘めて通ひき
ガイジンニ ピアノナラフコトモ ハバカラレ ショパンノガクフ ヒメテカヨヒキ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22


10156
水底の 藻屑とふ語にも 憧れき 死は美しと 思ひゐし日々
ミナソコノ モクズトフゴニモ アコガレキ シハウツクシト オモヒヰシヒビ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22


10157
鹿の鳴く 秋は寂しく 遺書めける 手記をしきりに 書きてゐたりき
シカノナク アキハサビシク イショメケル シュキヲシキリニ カキテヰタリキ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22


10158
雪深く 積もる夜なりき ゆくりなく 君服毒の 知らせ受けしは
ユキフカク ツモルヨナリキ ユクリナク キミフクドクノ シラセウケシハ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22


10159
佛像は 信仰よりも 美の対象と 言ひし 若き画家を われは憎みき
ブツゾウハ シンコウヨリモ ビノタイショウト イイシ ワカキガカヲ ワレハニクミキ

『埼玉婦人』( 1950.12) p.22