さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

歌と随筆

 
燃えたたぬ       歸りみちの       日の疲れ        朝燒けの        
をちこちに       我執遂げて       決然と         我執持ちて       
 
 
 

10078
燃えたたぬ 日ごろの心 ほぐれんか 夕陽の街に 夫と出でたり
モエタタヌ ヒゴロノココロ ホグレンカ ユウヒノマチニ ツマトイデタリ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10079
歸りみちの 束のまを燃えし 夕燒けは 君の横顏を 美しくしき
カエリミチノ ツカノマヲモエシ ユウヤケハ キミノヨコガオヲ ウツクシクシキ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10080
日の疲れ しるき宵居は 灯を寄せて 夫とすすらむ 暖かき茶を
ヒノツカレ シルキヨイヰハ ヒヲヨセテ ツマトススラム アタタカキチャヲ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10081
朝燒けの 空に匂える 合歡の花や 癒えがたき夫の 病ひなるかも
アサヤケノ ソラニニオエル ネムノハナヤ イエガタキツマノ ヤマヒナルカモ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10082
をちこちに 夕かしぎする さゞめきの 黄昏はたのし 夫も癒えつつ
ヲチコチニ ユウカシギスル サザメキノ タソガレハタノシ ツマモイエツツ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10083
我執遂げて 人はばからぬ 不逞さを 持たねばならぬ 生くべく吾も
ガシュウトゲテ ヒトハバカラヌ フテイサヲ モタネバナラヌ イクベクワレモ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10084
決然と 人の思惑は 顧みず もの言えるさがを 持つべし吾も
ケツゼント ヒトノオモワクハ カエリミズ モノイエルサガヲ モツベシワレモ

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9


10085
我執持ちて 生存をきそふ 現し世を 正視し得るまで をとなさびぬる
ガシュウモチテ セイゾンヲキソフ ウツシヨヲ セイシシエルマデ ヲトナサビヌル

『歌と随筆』(蒼明社 1948.7) 第3巻4号 p.9