さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

歌と随筆

 
かんむり座の      相ひ觸れて       ある宵は        星の座も        
きららめく       あくがれて       
 
 
 

10047
かんむり座の 星の連なり かそかにて 夜空は淡く 霧ふふみつゝ
カンムリザノ ホシノツラナリ カソカニテ ヨゾラハアワク キリフフミツツ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12


10048
相ひ觸れて 鳴れる木の葉の 寂しさや 獨りゐる夜を 幾日か堪へし
アヒフレテ ナレルコノハノ サビシサヤ ヒトリヰルヨヲ イクヒカタヘシ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12


10049
ある宵は 崩れも果てんと 思ひ沈めど 呆れ人のごと 睡り續けつ
アルヨイハ クズレモハテント オモヒシズメド ホレビトノゴト ネムリツヅケツ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12


10050
星の座も 掟きびしく 相ひ思ひ 別れて堪ふる 世ははかなかり
ホシノザモ オキテキビシク アヒオモヒ ワカレテタフル ヨハハカナカリ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12


10051
きららめく 星座夜毎に 仰ぎ見て 地上の嘆き 果つる日のありや
キララメク セイザヨゴトニ アオギミテ チジョウノナゲキ ハツルヒノアリヤ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12


10052
あくがれて 太古の民も 仰ぎたる 星座無限の 夢またたかす
アクガレテ タイコノタミモ アオギタル セイザムゲンノ ユメマタタカス

『歌と随筆』(蒼明社 1946.9) 第1巻8号 p.12