さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

歌と随筆

 
背負ひゆく       歸りきて        母と浴ぶる       白髪を         
ふみよむと       時雨すぎて       いちづなる       殘し來し        
 
 
 

10019
背負ひゆく 土産の重みの 身にしみて 歸るよろこび うづくが如し
セオヒユク ツトノオモミノ ミニシミテ カエルヨロコビ ウヅクガゴトシ

『歌と随筆』(蒼明社 1942.2) 第1巻2号 p.12


10020
歸りきて 母と對へば いく月を 堪へ來しことも はかなかりけり
カエリキテ ハハトムカヘバ イクツキヲ タヘコシコトモ ハカナカリケリ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.12


10021
母と浴ぶる 山家の縁の 小春日に ゆめの如しも かへり咲くはな
ハハトアブル ヤマヤノエンノ コハルビニ ユメノゴトシモ カヘリサクハナ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13


10022
白髪を 梳きまゐらせば はゝそはは 鏡の中に 目をとぢたまふ
シラカミヲ スキマヰラセバ ハハソハハ カガミノナカニ メヲトヂタマフ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13


10023
ふみよむと ひとり起きゐる わがそばに 母の眠りの ひそかなるかも
フミヨムト ヒトリオキヰル ワガソバニ ハハノネムリノ ヒソカナルカモ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13


10024
時雨すぎて ぬれたる花の 色冴ゆる 菊のま垣を 母は指します
シグレスギテ ヌレタルハナノ イロサユル キクノマガキヲ ハハハサシマス

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13


10025
いちづなる ねがひひそかに 湧くごとし いのち一つを 船にゆられて
イチヅナル ネガヒヒソカニ ワクゴトシ イノチヒトツヲ フネニユラレテ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13


10026
殘し來し はゝそはは時を かぞへつゝ 吾娘のろ船を わびておはさめ
ノコシコシ ハハソハハトキヲ カゾヘツツ アコノロフネヲ ワビテオハサメ

『歌と随筆』(蒼明社 1946.2) 第1巻2号 p.13