さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

おおみや

 
裁ち屑を        逝きしより       前を行く        思い来し        
時かけて        兵たりし        さりげなく       その母に        
思ひたる        一つ一つ        
 
 
 

09935
裁ち屑を 掃きよせをれば ひとかたに 集まるごとし われの思ひも
タチクズヲ ハキヨセヲレバ ヒトカタニ アツマルゴトシ ワレノオモヒモ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09936
逝きしより 八年を経て おもかげも いつしか写真の 顔に定まる
ユキシヨリ ハチネンヲヘテ オモカゲモ イツシカシャシンノ カオニサダマル

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09937
前を行く 一人の帯に 浮き出でし 金糸の花も いつしかあらず
マエヲユク ヒトリノオビニ ウキイデシ キンシノハナモ イツシカアラズ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09938
思い来し ことのくさぐさ 相会ひて 言葉となして 何ぞはかなき
オモイコシ コトノクサグサ アイアヒテ コトバトナシテ ナンゾハカナキ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09939
時かけて 語りあひつつ 男ゆゑ 女ゆゑ執する ことの違へる
トキカケテ カタリアヒツツ オンコユヱ オンナユヱシフスル コトノタガヘル

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09940
兵たりし 昔を言ひて 飲食を 急ぐ習ひを みづから笑ふ
ヘイタリシ ムカシヲイヒテ インショクヲ イソグナラヒヲ ミヅカラワラフ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09941
さりげなく 聞きたることの まだらなす 胸と思へり 別れむとして
サリゲナク キキタルコトノ マダラナス ムネトオモヘリ ワカレムトシテ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09942
その母に 返して胸の さびしけれ あたたかかりし みどり児の嵩
ソノハハニ カエシテムネノ サビシケレ アタタカカリシ ミドリゴノカサ

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09943
思ひたる のみに罰する 掟あらば いくたびわれの 死にたるならむ
オモヒタル ノミニバッスル オキテアラバ イクタビワレノ シニタルナラム

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47


09944
一つ一つ 壊しつつ生きて 来しならむ チェコの硝子の 灰皿も失す
ヒトツヒトツ コハシツツイキテ コシナラム チェコノガラスノ ハイザラモウス

『おおみや』(大宮名店会 1981.6) 93号 p.47