さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

おおみや

 
雲を映す        クレパスは       電車待つ        階段から        
花びらの        口径の         うずくまる       襟あしの        
動くとも        思ひゐて        
 
 
 

09915
雲を映す 日の多くなりし 水の上 風は渡らふ バリウム色に
クモヲウツス ヒノオオクナリシ ミズノウエ カゼハワタラフ バリウムイロニ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09916
クレパスは 青のみとなり 吹く風も 野も真っ青に 塗るほかあらず
クレパスハ アオノミトナリ フクカゼモ ノモマッサオニ ヌルホカアラズ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09917
電車待つ あひだしばらく 話しゐて 表裏ある 声を持ちあふ
デンシャマツ アヒダシバラク ハナシヰテ オモテウラアル コエヲモチアフ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09918
階段から 改札口へ 殺気だち ときに静けし 人の流れは
カイダンカラ カイサツグチヘ サッキダチ トキニシズケシ ヒトノナガレハ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09919
花びらの ゆるみゐし薔薇 カーテンの 襞に触れたる のみに崩るる
ハナビラノ ユルミヰシバラ カーテンノ ヒダニフレタル ノミニクズルル

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09920
口径の かすかに一つ 一つ違ふ カットグラスを 並べゆくとき
コウケイノ カスカニヒトツ ヒトツチガフ カットグラスヲ ナラベルユクトキ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.32


09921
うずくまる いづこもわれの 流刑地 草抜けば草の 匂ひがのぼる
ウズクマル イヅコモワレノ リュウケイチ クサヌケバクサノ ニオヒガノボル

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09922
襟あしの 荒れたる感じ 身に残る 楡のこずゑの 風凪ぐときに
エリアシノ アレタルカンジ ミニノコル ニレノコズヱノ カゼナグトキニ

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09923
動くとも なくただ薄く 運命の かげりのやうな 雲が見えゐる
ウゴクトモ ナクタダウスク ウンメイノ カゲリノヤウナ クモガミエヰル

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23


09924
思ひゐて 驚きやすし グラスのなかの 氷の一つ 不意にくつがへる
オモヒヰテ オドロキヤスシ グラスノナカノ コオリノヒトツ フイニクツガヘル

『おおみや』(大宮名店会 1972.1) 41号 p.23