さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

大宮文芸

 
朝々に         日を選ぶ        横隊に         甲虫に         
ゲレンデの       かがまれる       たれも居なく      睡蓮の         
桃山の         そののちに       
 
 
 

09865
朝々に 活け直しをれば 菜の花と われといつしか いのちを競ふ
アサアサニ イケナオシヲレバ ナノハナト ワレトイツシカ イノチヲキソフ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09866
日を選ぶ 習ひのわれに 残りゐて 古き傘のまま マートまで行く
ヒヲエラブ ナラヒノワレニ ノコリヰテ フルキカサノママ マートマデユク

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09867
横隊に 水に浮かべる 六羽ゐて 振り向けばもう ちりぢりの鴨
オウタイニ ミズニウカベル ロクワヰテ フリムケバモウ チリヂリノカモ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09868
甲虫に ある裏表 裏側は リモコンか何かの やうに混みあふ
コウチュウニ アルウラオモテ ウラガワハ リモコンカナニカノ ヤウニコミアフ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09869
ゲレンデの 人工雪とぞ 山腹に 雪型のやうに 残る模様は
ゲレンデノ ジンコウユキトゾ サンプクニ ユキガタノヤウニ ノコルモヨウハ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09870
かがまれる 後姿の ままにゐて わかさぎ釣りは 声を発せず
カガマレル ウシロスガタノ ママニヰテ ワカサギツリハ コエヲハッセズ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09871
たれも居なく なりても咲かむ 糸桜 雌蕊雄蕊の ひそとととのふ
タレモイナク ナリテモサカム イトザクラ メシベオシベノ ヒソトトトノフ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09872
睡蓮の 鉢に緋目高を 飼ふといふ 生きものの死は かなしきものを
スイレンノ ハチニヒメダカヲ カフトイフ イキモノノシハ カナシキモノヲ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09873
桃山の ころの雲よと 屏風絵を 見をれば銀の 箔がまたたく
モモヤマノ コロノクモヨト ビョウブエヲ ミヲレバギンノ ハクガマタタク

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10


09874
そののちに 降りにし雪に 消されたる 足跡のありと たれの言ひけむ
ソノノチニ フリニシユキニ ケサレタル アシアトノアリト タレノイヒケム

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1993.11) 21号 p.10