さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

大宮文芸

 
白も黄も        おのづから       吊り皮を        駅名が         
脈搏が         メントールの      はりつきて       遠くより        
宇治十帖        ふるさとの       
 
 
 

09815
白も黄も つぼみもたげて 四季咲きの 薔薇といへども 春のいきほひ
シロモキモ ツボミモタゲテ シキザキノ バラトイヘドモ ハルノイキホヒ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09816
おのづから 体避けつつ 撒く水の 裏返るさま 見て通りきぬ
オノヅカラ カラダサケツツ マクミズノ ウラガエルサマ ミテトオリキヌ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09817
吊り皮を 握る右手の 長袖の 肘より先の 重たき日なり
ツリカワヲ ニギルミギテノ ナガソデノ ヒジヨリサキノ オモタキヒナリ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09818
駅名が アナウンスされて 反射的に 座席を立ちし 少年のをり
エキメイガ アナウンスサレテ ハンシャテキニ ザセキヲタチシ ショウネンノヲリ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09819
脈搏が 指の先まで 打つ日にて たんぽぽの綿の 飛ぶを見てゐる
ミャクハクガ ユビノサキマデ ウツヒニテ タンポポノワタノ トブヲミテヰル

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09820
メントールの 匂ひをさせて ゐることの 負ひめに列の うしろにつけり
メントールノ ニオヒヲサセテ ヰルコトノ オヒメニレツノ ウシロニツケテ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09821
はりつきて ゐたる桜の 花びらも 奪ひて去りぬ 黒の自動車
ハリツキテ ヰタルサクラノ ハナビラモ ウバヒテサリヌ クロノジドウシャ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09822
遠くより 会釈したるは たれなりし 喪服に角を 曲りてゆけり
トオクヨリ エシャクシタルハ タレナリシ モフクニカドヲ マガリテユケリ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09823
宇治十帖 読み返しつつ 流離めく 夜毎のありて 春深みたり
ウジジッチョウ ヨミカエシツツ リュウリメク ヨゴトノアリテ ハルフカミタリ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10


09824
ふるさとの 山のふもとの 畑なかの 立葵には いつも日が差す
フルサトノ ヤマノフモトノ ハタナカノ タチアオイニハ イツモヒガサス

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1986.11) 14号 p.10