さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

大宮文芸

 
たれの吹く       錯覚に         さまざまに       体ごと         
との曇る        砂などの        全きを         かなたなる       
三歳の         用の済み        
 
 
 

09770
たれの吹く フルートならむ 光りつつ 亀裂を伝ふ 水を思はす
タレノフク フルートナラム ヒカリツツ キレツヲツタフ ミズヲオモハス

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09771
錯覚に すぎざりしことの よみがへる 曇る眼鏡を 拭きつつをれば
サッカクニ スギザリシコトノ ヨミガヘル クモルメガネヲ フキツツヲレバ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09772
さまざまに 願ひたゆたひ 木の如く 豊かに立つと いふ日もあらず
サマザマニ ネガヒタユタヒ キノゴトク ユタカニタツト イフヒモアラズ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09773
体ごと 傾けて何を 聴く人か をりをり翳る 表情を見す
カラダゴト カタムケテナニヲ キクヒトカ ヲリヲリカゲル ヒョウジョウヲミス

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09774
との曇る 空のいづくに 月ありて 背筋光らせ 犬の集まる
トノクモル ソラノイヅクニ ツキアリテ セスジヒカラセ イヌノアツマル

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09775
砂などの 濡れて詰まれる 重さかと 晴れぬ思ひを 運びて帰る
スナナドノ ヌレテツマレル オモサカト ハレヌオモヒヲ ハコビテカエル

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09776
全きを 願ふならねど 築きては また崩す塔の 如き仕事よ
マッタキヲ ネガフナラネド キヅキテハ マタクズストウノ ゴトキシゴトヨ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09777
かなたなる 海の入り日に きはだちて 大き寝釈迦の 如し砂丘は
カナタナル ウミノイリヒニ キハダチテ オオキネシャカノ ゴトシサキュウハ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09778
三歳の 子の父といへり ねたましき までにかがよひ サーブを打てり
サンサイノ コノチチトイヘリ ネタマシキ マデニカガヨヒ サーブヲウテリ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10


09779
用の済み ほとりと受話器 置きたれば なべて終れる 如きしづけさ
ヨウノスミ ホトリトジュワキ オキタレバ ナベテオワレル ゴトキシヅケサ

『大宮文芸』(大宮市教育委員会 1980.11) 8号 p.10