さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

現代短歌雁

 
繭いろの        烏瓜          いつの世の       復元の         
亡き人を        本ばかり        電車の窓の       同じ家族の       
本当に         桃いろの        名を変へて       越しゆける       
窓枠の         咲き残る        集ひても        冬ざくら        
 
 
 

09702
繭いろの 雲がちぎれて 飛びゐしに 思ひもかけぬ 太き雨降る
マユイロノ クモガチギレテ トビヰシニ オモヒモカケヌ フトキアメフル

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09703
烏瓜 熟れて点れり 最後かも 知れぬと思ふ 夏も終はりて
カラスウリ ウレテトモレリ サイゴカモ シレヌトオモフ ナツモオハリテ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09704
いつの世の ことなりにしや われひとり 蚊遣りを焚きて 機を織りゐき
イツノヨノ コトナリニシヤ ワレヒトリ カヤリヲタキテ ハタヲオリヰキ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09705
復元の 民家の大き くらがりに 火伏せの札の 貼られゐる見つ
フクゲンノ ミンカノオオキ クラガリニ ヒフセノフダノ ハラレヰルミツ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09706
亡き人を あしざまに言ふを 聞きをれば わが死のあとの はかり知られず
ナキヒトヲ アシザマニイフヲ キキヲレバ ワガシノアトノ ハカリシラレズ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09707
本ばかり 積み置く家を 如何に見て セールスマンは 帰りしならむ
ホンバカリ ツミオクイエヲ イカニミテ セールスマンハ カエリシナラム

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.84


09708
電車の窓の どこかあきゐて おぶはれし みどりごの髪 ふはふは吹かる
デンシャノマドノ ドコカアキヰテ オブハレシ ミドリゴノカミ フハフハフカル

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09709
同じ家族の 住みゐる見れば 建て替へて 大きくなりし のみなる家か
オナジカゾクノ スミヰルミレバ タテカヘテ オオキクナリシ ノミナルイエカ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09710
本当に 鍵あけて棚を のがれしや 吠ゆるほかなく この犬はゐる
ホントウニ カギアケテタナヲ ノガレシヤ ホユルホカナク コノイヌハヰル

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09711
桃いろの ガーベラは花の 大きくて われには普通の ガーベラが良き
モモイロノ ガーベラハハナノ オオキクテ ワレニハフツウノ ガーベラガヨキ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09712
名を変へて 移り住まむと してゐたり 生き生きと夢の なかなるわれは
ナヲカヘテ ウツリスマムト シテヰタリ イキイキトユメノ ナカナルワレハ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09713
越しゆける 向かひの家の 鳩時計 どこのマンションに 二時を打ちゐむ
コシユケル ムカヒノイエノ ハトドケイ ドコノマンションニ ニジヲウチヰム

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09714
窓枠の 高さに届かぬ 子もをりて 保母をかこみて うごき回れる
マドワクノ タカサニトドカヌ コモヲリテ ホボヲカコミテ ウゴキマワレル

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09715
咲き残る 帰化植物の 黄の花は 丈高く火炎の かたちを掲ぐ
サキノコル キカショクブツノ キノハナハ タケタカクカエンノ カタチヲカカグ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09716
集ひても 散りても色の とりどりに 大き声せり 老いし人らは
ツドヒテモ チリテモイロノ トリドリニ オオキコエセリ オイシヒトラハ

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85


09717
冬ざくら 見むと車を 降りしとき 不意の寒さは 顔にあつまる
フユザクラ ミムトクルマヲ オリシトキ フイニサムサハ カオニオツマル

『現代短歌雁』(雁書館 1991.4) 18号 p.85