さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

現代短歌雁

 
右の耳を        山桜          同じものを       断ちがたき       
鏡より         出でて来て       低く飛ぶ        かぶさりて       
ピノキオの       人に告げぬ       わが孫の        幾つもに        
毀ちたる        はやぶさと       畳まれて        宵に咲く        
種子の生らぬ      隙間なく        夜の空を        千年を         
 
 
 

09682
右の耳を うづめて眠り ゐたるまに 春の嵐の 一つ過ぎゐし
ミギノミミヲ ウヅメテネムリ ヰタルマニ ハルノアラシノ ヒトツスギヰシ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09683
山桜 花の散りしく 明るさに 白拍子など 出でて舞はずや
ヤマザクラ ハナノチリシク アカルサニ シラビヨウシナド イデテマハズヤ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09684
同じものを 食みあひてくらし たる日あり 他界のことの 如くに思ふ
オナジモノヲ ハミアヒテクラシ タルヒアリ タカイノコトノ ゴトクニオモフ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09685
断ちがたき 願ひなれども 頬の紅 やや濃く刷きて 今日の顔とす
タチガタキ ネガヒナレドモ ホホノベニ ヤヤコクハキテ キョウノカオトス

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09686
鏡より 顔を剥がして ふり向けば 何かが立ちて ゐて隠れたり
カガミヨリ カオヲハガシテ フリムケバ ナニカガタチテ ヰテカクレタリ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09687
出でて来て 人は小さく ビル群の 棒線グラフに とりかこまるる
イデテキテ ヒトハチイサク ビルグンノ ボウセングラフニ トリカコマルル

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09688
低く飛ぶ ヘリコプターを 仰ぐ目の 水晶体の 斑もさびしけれ
ヒククトブ ヘリコプターヲ アオグメノ スイショウタイノ フモサビシケレ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09689
かぶさりて 樟の大樹は 生ひゐしが 体育館も 木蔭もあらず
カブサリテ クスノタイジュハ オヒヰシガ タイイクカンモ コカゲモアラズ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09690
ピノキオの 人形なりし ころのまま ぎくしやくとあり われもわが身も
ピノキオノ ニンギョウナリシ コロノママ ギクシヤクトアリ ワレモワガミモ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09691
人に告げぬ 秘密となしき 風信子を ヒアシンスの名と 知りしことなど
ヒトニツゲヌ ヒミツトナシキ フウシンシヲ ヒアシンスノナト シリシコトナド

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09692
わが孫の ほどの少女よ 声もなく 日傘をさして ボートにゐしは
ワガマゴノ ホドノショウジョヨ コエモナク ヒガサヲサシテ ボートニヰシハ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09693
幾つもに 音を区切りて 貨車は行き 違ふ風景が 見えくるごとし
イクツモニ オトヲクギリテ カシャハユキ チガフフウケイガ ミエクルゴトシ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09694
毀ちたる 家屋の木ぎれ 燃す見れば 得体の知れぬ ものも燃すなり
コボチタル カオクノキギレ モスミレバ エタイノシレヌ モノモモスナリ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.40


09695
はやぶさと 呼ぶ戦闘機 ありにしが かげろふを追ふ ごときはろけさ
ハヤブサト ヨブセントウキ アリニシガ カゲロフヲオフ ゴトキハロケサ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09696
畳まれて 届く小さき 正方形 眼鏡を磨く 新素材とぞ
タタマレテ トドクチイサキ セイホウケイ メガネヲミガク シンソザイトゾ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09697
宵に咲く 花のめざむる ころならむ 榛の幹より たそがれそめぬ
ヨイニサク ハナノメザムル コロナラム ハンノミキヨリ タソガレソメヌ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09698
種子の生らぬ 三倍体の 花といふ 風の絶えたる 夜目にゆれあふ
シュシノナラヌ サンバイタイノ ハナトイフ カゼノタエタル ヨメニユレアフ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09699
隙間なく 活字詰まれる 紙面より 飛び出してくる われの名あはれ
スキマナク カツジツマレル シメンヨリ トビダシテクル ワレノナアハレ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09700
夜の空を 翔けて落ちしは 何の鳥 今際の声と 思ふ声せり
ヨノソラヲ カケテオチシハ ナンノトリ イマハノコエト オモフコエセリ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41


09701
千年を 生くるにあらず 中天に 白くたゆたふ 月夜の雲は
センネンヲ イクルニアラズ チュウテンニ シロクタユタフ ツキヨノクモハ

『現代短歌雁』(雁書館 1989.1) 12号 p.41