さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

現代短歌雁

 
フリージアの      共に行く        間隔を         目の前を        
扁平の         いつ知れず       ライターを       持ち歩み        
目の部分        胸赤き         乱れたる        胸痛む         
足音の         たれの持つ       身を窶し        
 
 
 

09667
フリージアの 匂ひして来ぬ うたた寝の あとの朧ろも いつしか澄みて
フリージアノ ニオヒシテコヌ ウタタネノ アトノオボロモ イツシカスミテ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09668
共に行く 旅など思ひ 見がたきに 海辺のやうな 雲の湧く日よ
トモニユク タビナドオモヒ ミガタキニ ウミベノヤウナ クモノワクヒヨ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09669
間隔を 測る人ゐて 幾つもの 礎石浮き出づ 枯れ野の上に
カンカクヲ ハカルヒトヰテ イクツモノ ソセキウキイヅ カレノノウエニ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09670
目の前を よぎる無蓋車 菜の花の 黄より明るく 硫黄を積めり
メノマエヲ ヨギルムガイシャ ナノハナノ キヨリアカルク イオウヲツメリ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09671
扁平の 小さき魚ら 舞ひあがる 石か動くと 思へるときに
ヘンペイノ チイサキウオラ マヒアガル イシカウゴクト オモヘルトキニ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09672
いつ知れず 雪の降りゐて かすかなる わが指の影 灰皿の影
イツシレズ ユキノフリヰテ カスカナル ワガユビノカゲ ハイザラノカゲ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09673
ライターを ともして探す 何ならむ ベンチのあたり 気配うごきて
ライターヲ トモシテサガス ナニヤラム ベンチノアタリ ケハイウゴキテ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.36


09674
持ち歩み 眠れる間さへ 離さぬに かたときばかり 会ひて別るる
モチアユミ ネムレルマサヘ ハナサヌニ カタトキバカリ アヒテワカルル

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09675
目の部分 顎の部分と 区切るとき さだかには人を 覚えてをらず
メノブブン アゴノブブント クギルトキ サダカニハヒトヲ オボエテヲラズ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09676
胸赤き 山雀の子の 来てゐしが 柿の実も暮れて 漆黒の珠
ムネアカキ ヤマガラノコノ キテヰシガ カキノミモクレテ シッコクノタマ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09677
乱れたる 書架も映れり 仮縫ひの 肩幅を見る 夜の鏡に
ミダレタル ショカモウツレリ カリヌヒノ カタハバヲミル ヨルノカガミニ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09678
胸痛む まで悔いをれば いつか見し 切り絵の花火 割れてひらきぬ
ムネイタム マデクイヲレバ イツカミシ キリエノハナビ ワレテヒラキヌ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09679
足音の 家をめぐると 聴きてをり わが歩みたる 音かも知れず
アシオトノ イエヲメグルト キキテヲリ ワガアユミタル オトカモシレズ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09680
たれの持つ 大き白き手 ひらめきて わがくらやみを よぎるときあり
タレノモツ オオキシロキテ ヒラメキテ ワガクラヤミヲ ヨギルトキアリ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37


09681
身を窶し 幾夜ありけむ 晒したる ごとき白さに 雲のたゆたふ
ミヲヤツシ イクヨアリケム サラシタル ゴトキシロサニ クモノタユタフ

『現代短歌雁』(雁書館 1974.3) 6号 p.37