さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

 
不知火の        知るべ少なき      選ばれて        風落ちし        
幾たびか        煙もて         死後の火を       ひび入りて       
次々に         
 
 
 

09358
不知火の 夜の近づくを 告げて来て 君も寂しき 過去を持つ
シラヌヒノ ヨノチカヅクヲ ツゲテキテ キミモサビシキ スギユキヲモツ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.42


09359
知るべ少なき この坂の町 遅くまで 点してわれを 待つ花屋あり
シルベスクナキ コノサカノマチ オソクマデ トモシテワレヲ マツハナヤアリ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.42


09360
選ばれて 化石となると いふ言葉 濡れし落ち葉を 掃きつつ思ふ
エラバレテ カセキトナルト イフコトバ ヌレシオチバヲ ハキツツオモフ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.42


09361
風落ちし 夕べとなりて 行く水は 浅瀬の音を 立て始めたり
カゼオチシ ユウベトナリテ ユクミズハ アサセノオトヲ タテハジメタリ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.42


09362
幾たびか 夜霧の原に 出でて呼ぶ 放れし仔犬 呼ぶごとくして
イクタビカ ヨギリノハラニ イデテヨブ ハナレシコイヌ ヨブゴトクシテ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.43


09363
煙もて 空に占ふ 何あらむ 落ち葉を焚けば 風が集まる
ケムリモテ ソラニウラナフ ナニアラム オチバヲタケバ カゼガアツマル

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.43


09364
死後の火を 畏れゐし母 水晶の 念珠ばかりが 地下に残らむ
シゴノヒヲ オソレヰシハハ スイショウノ ネンジュバカリガ チカニノコラム

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.43


09365
ひび入りて 伏せ置く大き 甕一つ みどり児の声 漏るる夜無きか
ヒビイリテ フセオクオオキ カメヒトツ ミドリコノコエ モルルヨナキカ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.43


09366
次々に わが生み続けし 蛾のむれの はばたく音に まみれて眠る
ツギツギニ ワガウミツヅケシ ガノムレノ ハバタクオトニ マミレテネムル

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.43