さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

 
桟橋の         一粒の         変へてゆく       喪の羽織        
馬鈴薯を        編みものを       ふり仰ぐ        いかならむ       
総毛だち        
 
 
 

09321
桟橋の 先までゆきて 帰り来ぬ かの夜の雪が 肩にはららぐ
サンバシノ サキマデユキテ カエリコヌ カノヨノユキガ カタニハララグ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.34


09322
一粒の 火種を未だ 持つわれと 夜もすがらなる 風を聴きゐし
ヒトツブノ ヒダネヲイマダ モツワレト ヨモスガラナル カゼヲキキヰシ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.34


09323
変へてゆく 生き方などと 思はねど 草に溶けつつ 淡雪は降る
カヘテユク イキカタナドト オモハネド クサニトケツツ アワユキハフル

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.34


09324
喪の羽織 肩より脱ぎて 坐りたり 午後の仕事が われを待ちゐむ
モノハオリ カタヨリヌギテ スワリタリ ゴゴノシゴトガ ワレヲマチヰム

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.34


09325
馬鈴薯を 食ぶる家族を 描きしゴッホ 笑ひころげて ゐる少女たち
バレイショヲ タブルカゾクヲ エカキシゴッホ ワラヒコロゲテ ヰルショウジョタチ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.35


09326
編みものを 教へてくらす 友の来て ふくらかに編みし 帽子呉れゆく
アミモノヲ オシヘテクラス トモノキテ フクラカニアミシ ボウシクレユク

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.35


09327
ふり仰ぐ 枯れ木に大き 目があけば 見抜かれてゐる 業あるごとし
フリアオグ カレキニオオキ メガアケバ ミヌカレテヰル ゴフアルゴトシ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.35


09328
いかならむ 賭けに敗れて 来し夜か 雪のしづくの 光る片袖
イカナラム カケニヤブレテ コシヨルノ ユキノシヅクノ ヒカルカタソデ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.35


09329
総毛だち 吼ゆる木々かと 見てゐしが 窓を閉づれば 風の音する
ソウケダチ ホユルキギカト ミテヰシガ マドヲトヅレバ カゼノオトスル

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.35