さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

 
ほほづきの       枯れ枝を        音もなく        爪先の         
枯れ葦の        かりがねを       どこまでも       投げ入れし       
水仕事         骨格の         さそり座の       遠き夜の        
 
 
 

09300
ほほづきの 色づきそめし 草むらを 教へてやらむ 少女もをらず
ホホヅキノ イロヅキソメシ クサムラヲ オシヘテヤラム ショウジョモヲラズ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.29


09301
枯れ枝を 踏みたる音に たじろげば 林はいつか 風やみてゐる
カレエダヲ フミタルオトニ タジロゲバ ハヤシハイツカ カゼヤミテヰル

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.29


09302
音もなく ぶつかり合へる 蝶のさま かの日も茜 美しかりき
オトモナク ブツカリアヘル チョウノサマ カノヒモアカネ ウツクシカリキ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.30


09303
爪先の 痛みに吊られ 歩みゐて 灰色の蛾と なることなきや
ツマサキノ イタミニツラレ アユミヰテ ハイイロノガト ナルコトナキヤ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.30


09304
枯れ葦の 上を近づく 風の音 沼のおもては 未だしづけし
カレアシノ ウエヲチカヅク カゼノオト ヌマノオモテハ イマダシヅケシ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.30


09305
かりがねを 聴きて怯みし こころなど 知られずに来て バスを待ちあふ
カリガネヲ キキテヒルミシ ココロナド シラレズニキテ バスヲマチアフ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.30


09306
どこまでも 火の見の影が 伸びてゆき そのまま暮れて しまふ街なり
ドコマデモ ヒノミノカゲガ ノビテユキ ソノママクレテ シマフマチナリ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.30


09307
投げ入れし 紙片は風を 呼びて燃ゆ 束の間に過ぎし よろこびに似つ
ナゲイレシ シヘンハカゼヲ ヨビテモユ ツカノマニスギシ ヨロコビニニツ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.31


09308
水仕事 終へし手熱き 夜が来て 指環抜かれし 痕なまぐさし
ミズシゴト オヘシテアツキ ヨルガキテ ユビワヌカレシ アトナマグサシ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.31


09309
骨格の どこかゆがむと 見て来し絵 かの馬などが 夜々に殖えゆく
コッカクノ ドコカユガムト ミテキシエ カノウマナドガ ヨヨニフエユク

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.31


09310
さそり座の 星の一つが 冴ゆるとふ 南国の夜も 寂しかるべし
サソリザノ ホシノヒトツガ サユルトフ ナンゴクノヨモ サビシカルベシ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.31


09311
遠き夜の 記憶還りて まどろめば 蛭のごときが 足裏を吸ふ
トオキヨノ キオクカエリテ マドロメバ ヒルノゴトキガ アナウラヲスフ

『彩』(新星書房 1965.6.26) p.31