さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

埼玉新聞

 
ひとり祝ふ       福鈴を         幼な子の        つらら折る       
仕事始めに       
 
 
 

09224
ひとり祝ふ ことにも慣れて 研ぎあげし 包丁に柚子の 香りを刻む
ヒトリイワフ コトニモナレテ トギアゲシ ホウチョウニユズノ カオリヲキザム

『埼玉新聞』(埼玉新聞社 1987.1.1) p.


09225
福鈴を 戴きて山を まからむに 高く流れて とんびが鳴けり
フクスズヲ イタダキテヤマヲ マカラムニ タカクナガレテ トンビガナケリ

『埼玉新聞』(埼玉新聞社 1987.1.1) p.


09226
幼な子の 赤き手袋 はめ終はる まで見て立ちて 若き母親
オサナゴノ アカキテブクロ ハメオハル マデミテタチテ ワカキハハオヤ

『埼玉新聞』(埼玉新聞社 1987.1.1) p.


09227
つらら折る 遊びして子らの ゐるらむか 冬は故郷が 近づくごとし
ツララオル アソビシテコラノ ヰルラムカ フユハコキョウガ チカヅクゴトシ

『埼玉新聞』(埼玉新聞社 1987.1.1) p.


09228
仕事始めに ラメの毛糸を 編みをれば きらめく如し 道の月日も
シゴトハジメニ ラメノケイトヲ アミヲレバ キラメクゴトシ ミチノツキヒモ

『埼玉新聞』(埼玉新聞社 1987.1.1) p.