さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

朝日新聞

 
夢に見て        呼ばれたる       月光を         おぼろ夜を       
帰り来て        
 
 
 

09160
夢に見て たれとも知れず 遠くより 招きてゐたる 白の手袋
ユメニミテ タレトモシレズ トオクヨリ マネキテヰタル シロノテブクロ

『朝日新聞』(朝日新聞社 1987.7.24) p.7


09161
呼ばれたる 思ひのありて ふり向けば 花冠光らす 夜の向日葵
ヨバレタル オモヒノアリテ フリムケバ カカンヒカラス ヨルノヒマワリ

『朝日新聞』(朝日新聞社 1987.7.24) p.7


09162
月光を はじく生け垣 見て過ぎて 針葉樹林は 黒くしづもる
ゲッコウヲ ハジクイケガキ ミテスギテ シンヨウジュリンハ クロクシヅモル

『朝日新聞』(朝日新聞社 1987.7.24) p.7


09163
おぼろ夜を 戻りてくれば 側溝に カルキの匂ふ 坂ありにけり
オボロヨヲ モドリテクレバ ソッコウニ カルキノニオフ サカアリニケリ

『朝日新聞』(朝日新聞社 1987.7.24) p.7


09164
帰り来て しづくのごとく 光りゐし ゼムクリップを 畳に拾ふ
カエリキテ シヅクノゴトク ヒカリヰシ ゼムクリップヲ タタミニヒロフ

『朝日新聞』(朝日新聞社 1987.7.24) p.7