さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

文芸埼玉

 
怖るるを        四肢高き        雨乞ひの        遠くにて        
ガラス戸の       音もなく        うるほひて       菜の花の        
コップのなかの     ぬけ出でて       
 
 
 

09124
怖るるを 知るはいつの日 幼な子は 蛇のかたちを ゑがきて倦まず
オソルルヲ シルハイツノヒ オサナゴハ ヘビノカタチヲ ヱガキテウマズ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09125
四肢高き 馬のほとりに ゐし夢の 馬の数のみ 殖えてゆきたり
シシタカキ ウマノホトリニ ヰシユメノ ウマノカズノミ フエテユキタリ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09126
雨乞ひの 太鼓の音の 響きゐし 故郷はあらず どの地図見ても
アマゴヒノ タイコノオトノ ヒビキヰシ コキョウハアラズ ドノチズミテモ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09127
遠くにて サイレン鳴れり 忘れゐし 欲望を呼び 醒ますごとくに
トオクニテ サイレンナレリ ワスレヰシ ヨクボウヲヨビ サマスゴトクニ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09128
ガラス戸の 棧に足首 切られたる わが映像を 見て立ち尽くす
ガラスドノ サンニアシクビ キラレタル ワガエイゾウヲ ミテタチツクス

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09129
音もなく クレーンの鉤の 垂りて来て 路上のたれを 奪はむとする
オトモナク クレーンノカギノ タリテキテ ロジョウノタレヲ ウバハムトスル

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.91


09130
うるほひて 固まる砂と 思ふまで 鎮まりてあり こよひのわれは
ウルホヒテ カタマルスナト オモフマデ シズマリテアリ コヨヒノワレハ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09131
菜の花の 穂先まで咲きて 咲き終へぬ 思ひ遂ぐると いふやさしさに
ナノハナノ ホサキマデサキテ サキオヘヌ オモヒトグルト イフヤサシサニ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09132
コップのなかの 嵐と思ひ 至るまで 時間をかけて 苦しむあはれ
コップノナカノ アラシトオモヒ イタルマデ ジカンヲカケテ クルシムアハレ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90


09133
ぬけ出でて いづくへ行かむ 月明に ひとすぢ光る 水路のあらば
ヌケイデテ イヅクヘユカム ツキアカリニ ヒトスヂヒカル スイロノアラバ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1979.3) 21号 p.90