さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

文芸埼玉

 
童話のやうな      痛きまで        黒板に         はなやかに       
ガラス窓の       
 
 
 

09119
童話のやうな やさしき会話 して醒めて あたたかかりし 子山羊もをらず
ドウワノヤウナ ヤサシキカイワ シテサメテ アタタカカリシ コヤギモヲラズ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1974.11) 12号 p.79


09120
痛きまで 胸締めて出づる 朝々に 木槿は白から ほころびそめつ
イタキマデ ムネシメテイヅル アサアサニ ムクゲハシロカラ ホコロビソメツ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1974.11) 12号 p.79


09121
黒板に 字を書く背後 ひそまりて 石の顔など 並ぶならずや
コクバンニ ジヲカクハイゴ ヒソマリテ イシノカオナド ナラブナラズヤ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1974.11) 12号 p.79


09122
はなやかに 角をひらける 鹿の絵に ゑがきし人の かなしみは見ゆ
ハナヤカニ ツノヲヒラケル シカノエニ ヱガキシヒトノ カナシミハミユ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1974.11) 12号 p.79


09123
ガラス窓の 模様を白く 光らせて 夏も終りと 思ふ雨降る
ガラスマドノ モヨウヲシロク ヒカラセテ ナツモオワリト オモフアメフル

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1974.11) 12号 p.79