さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

文芸埼玉

 
出で入りの       胸もとに        ゆらめきて       あくる日の       
鳴くことも       ひろげたる       長雨に         事務室の        
かさかさと       蛇いちご        
 
 
 

09079
出で入りの はげしくなれる ドアが見ゆ 次第に何の 迫らむとして
イデイリノ ハゲシクナレル ドアガミユ シダイニナンノ セマラムトシテ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09080
胸もとに 梢の影の 落ちて来て 目を病むことの 不意に寂しき
ムネモトニ コズエノカゲノ オチテキテ メヲヤムコトノ フイニサビシキ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09081
ゆらめきて 紙などの泳ぐ 水のなか どのあたりまで われは行きしや
ユラメキテ カミナドノオヨグ ミズノナカ ドノアタリマデ ワレハユキシヤ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09082
あくる日の 職場に問へど 夜の更けに 降りゐたる雨を 知れる人なし
アクルヒノ ショクバニトヘド ヨノフケニ フリヰタルアメヲ シレルヒトナシ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09083
鳴くことも あらず越えゆく 沼の上 鳥となりても さびしきわれか
ナクコトモ アラズコエユク ヌマノウエ トリトナリテモ サビシキワレカ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09084
ひろげたる 五指かざすとき 遠のきて 芽ぐむ梢の ごとくうるほふ
ヒロゲタル ゴシカザストキ トオノキテ メグムコズエノ ゴトクウルホフ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09085
長雨に べにばなも摘まず 終りたり 瞼を押せば 涙出で来る
ナガアメニ ベニバナモツマズ オワリタリ マブタヲオセバ ナミダイデクル

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09086
事務室の ガラス拭かれて ゐながらに 見ゆる枯れ野の まぶしくなりぬ
ジムシツノ ガラスフカレテ ヰナガラニ ミユルカレノノ マブシクナリヌ

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09087
かさかさと 鳴る藁の束 街の灯も 駅も隠れて しまふまで積む
カサカサト ナルワラノタバ マチノヒモ エキモカクレテ シマフマデツム

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69


09088
蛇いちご 花黄に湧ける 野を行きて ともなへる人を 俄かに怖る
ヘビイチゴ ハナキニワケル ノヲユキテ トモナヘルヒトヲ ニワカニオソル

『文芸埼玉』(埼玉県教育委員会 1968.11) 1号 p.69