さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌新聞

 
残さるる        地上にて        人のともす       敗れたる        
うつむきて       旧道の         そよがぬ木       洋館は         
語部も         石像の         旋回し         終りまで        
殺気のごとき      卓上の         何事も         
 
 
 

08882
残さるる ことも幾たび 夕立に 袖濡らし来し 喪服を吊るす
ノコサルル コトモイクタビ ユウダチニ ソデヌラシコシ モフクヲツルス

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08883
地上にて いまだなすべき ことあらむ 戻り来りし 思ひに坐る
チジョウニテ イマダナスベキ コトアラム モドリキタリシ オモヒニスワル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08884
人のともす 星にかあらむ 急速に 灯を殖やしゆく 丘の団地は
ヒトノトモス ホシニカアラム キュウソクニ ヒヲフヤシユク オカノダンチハ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08885
敗れたる 牛は如何にか 映像は 勝てる牡牛を しばらく見しむ
ヤブレタル ウシハイカニカ エイゾウハ カテルオウシヲ シバラクミシム

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08886
うつむきて 印度の果実 むきをれば やいばはつねに わが胸に向く
ウツムキテ インドノカジツ ムキヲレバ ヤイバハツネニ ワガムネニムク

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08887
旧道の ほとりの草に 風騒ぎ 雷の音の 遠く聞こゆる
キュウドウノ ホトリノクサニ カゼサワギ カミナリノオトノ トオクキコユル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08888
そよがぬ木 そよぐ木あまた 茂るなか 夾竹桃は 紅くかたまる
ソヨガヌキ ソヨグキアマタ シゲルナカ キョウチクトウハ アカクカタマル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08889
洋館は 林の奥に 建ちゐしが コリー犬など いかになりけむ
ヨウカンハ ハヤシノオクニ タチヰシガ コリーケンナド イカニナリケム

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08890
語部も 占部も遠く 去りし世に 鞠をいだけり 石の狐は
カタリベモ ウラベモトオク サリシヨニ マリヲイダケリ イシノキツネハ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08891
石像の いだける琵琶の 鳴り出づる 夜もありにけむ 風のまにまに
セキゾウノ イダケルビワノ ナリイヅル ヨモアリニケム カゼノマニマニ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08892
旋回し ゐたりし鳩の わらわらと 地上に降りて ついばみはじむ
センカイシ ヰタリシハトノ ワラワラト チジョウニオリテ ツイバミハジム

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08893
終りまで 聞きてよりものを 言ふ習ひ ながき勤めに 培ひて来し
オワリマデ キキテヨリモノヲ イフナラヒ ナガキツトメニ ツチカヒテコシ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08894
殺気のごとき ひとすぢ走り すぎしのみ すぐコーヒーは 運ばれて来ぬ
サッキノゴトキ ヒトスヂハシリ スギシノミ スグコーヒーハ ハコバレテコヌ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08895
卓上の 駱駝のランプ 人の来て 背中に赤き 灯をともしたり
タクジョウノ ラクダノランプ ヒトノキテ セナカニアカキ ヒヲトモシタリ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.


08896
何事も なかりし如し 球体の 感じもあらで 残月うかぶ
ナニゴトモ ナカリシゴトシ キュウタイノ カンジモアラデ ザンゲツウカブ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1983.8.10) p.