さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌新聞

 
忘らるる        街路樹に        等量の         身一つを        
一つ一つの       新しき         原色の         負傷兵が        
背後より        タグボード       足裏に         燃料を         
面変り         どの橋を        感情の         
 
 
 

08846
忘らるる より忘るるは 易からむ 白き孔雀の ごとき雲湧く
ワスラルル ヨリワスルルハ ヤスカラム シロキクジャクノ ゴトキクモワク

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08847
街路樹に 風の凪ぐとき へだてあひ 個々の影置く 篠懸の木は
ガイロジュニ カゼナグトキ ヘダテアヒ ココノカゲオク シノカケノキハ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08848
等量の 言葉持ちあひ 寄りし日は アガパンサスも はじけて咲きし
トウリョウノ コトバモチアヒ ヨリシヒハ アガパンサスモ ハジケテサキシ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08849
身一つを 養はむのみに 炊ぐ朝 オートミールは 香に立ちて煮ゆ
ミヒトツヲ ヤシナハムノミニ カシグアサ オートミールハ カニタチテニユ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08850
一つ一つの うすくれなゐよ 窓明けて 南天の花の 盛りにあへば
ヒトツヒトツノ ウスクレナヰヨ マドアケテ ナンテンノハナノ サカリニアヘバ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08851
新しき パナマのクッション 縁反りて 遠きいづこの 草の匂ひか
アタラシキ パナマノクッション フチソリテ トオキイヅコノ クサノニオヒカ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08852
原色の ままの黄色を 画布にのせ 向日葵を描かむ 夏は来向ふ
ゲンショクノ ママノキイロヲ ガフニノセ ヒマワリヲカカム ナツハキムカフ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08853
負傷兵が はだしにて帰る ことなどの なき夏ならめ 平和といふは
フショウヘイガ ハダシニテカエル コトナドノ ナキナツナラメ ヘイワトイフハ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08854
背後より 不意に叩かれし わが肩の 人に知られぬ 空洞の音
ハイゴヨリ フイニタタカレシ ワガカタノ ヒトニシラレヌ クウドウノオト

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08855
タグボード ばかり次々 帰りにき われはまだゐる 去年の港に
タグボード バカリツギツギ カエリニキ ワレハマダヰル キョネンノミナトニ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08856
足裏に 踏むものなべて 固き道 いづこにかまた 死の臭ひする
アシウラニ フムモノナベテ カタキミチ イヅコニカマタ シノニオヒスル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08857
燃料を 如何ほどか使ひ ワイパーも 徒労の如し 雨のしげきに
ネンリョウヲ イカホドカツカヒ ワイパーモ トロウノゴトシ アメノシゲキニ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08858
面変り せる人のことなど 今見たる 夢を忘るる ごとく忘れよ
オモガワリ セルヒトノコトナド イマミタル ユメヲワスルル ゴトクワスレヨ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08859
どの橋を 渡りても帰る 家一つ 車まかせに 雨の夜をゆく
ドノハシヲ ワタリテモカエル イエヒトツ クルママカセニ アメノヨヲユク

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1


08860
感情の 嵐に巻かれて ゐしのみよ 梔子の八重も 錆びつつ終る
カンジョウノ アラシニマカレテ ヰシノミヨ クチナシノヤエモ サビツツオワル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1976.8.10) 274号 p.1