さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌新聞

 
かたはらに       樅の木の        落合ひの        電話帳に        
雨の夜は        
 
 
 

08815
かたはらに 在るのみに足る 日のありき 孤りはさびし 雪のふるさと
カタハラニ アルノミニタル ヒノアリキ ヒトリハサビシ ユキノフルサト

『短歌新聞』(短歌新聞社 1973.1) 231号 p.


08816
樅の木の しづれの者も しづまりて ひしひしといま 言葉満ち来る
モミノキノ シヅレノモノモ シヅマリテ ヒシヒシトイマ コトバミチクル

『短歌新聞』(短歌新聞社 1973.1) 231号 p.


08817
落合ひの 水の激ちを 見てゐしが つひに届かぬ 心と思ふ
オチアヒノ ミズノハゲチヲ ミテヰシガ ツヒニトドカヌ ココロトオモフ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1973.1) 231号 p.


08818
電話帳に 同じ名のある ことも知り 会はぬ月日の 過ぎてしづけし
デンワチョウニ オナジナノアル コトモシリ アハヌツキヒノ スギテシヅケシ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1973.1) 231号 p.


08819
雨の夜は 雨の音にも 奪はるる 奪はれし一生と 今は思はず
アメノヨハ アメノオトニモ ウバハルル ウバハレシヒトヨト イマハオモハズ

『短歌新聞』(短歌新聞社 1973.1) 231号 p.