さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌現代

 
くれがたに       すれすれに       色づける        五百枚の        
思はれて        うるし塗りの      蓋をとれば       螢ぶくろの       
灯の暗き        学びてより       
 
 
 

08579
くれがたに 群れ飛ぶ見れば グレナダへ 僧になりにゆく 鴉ならずや
クレガタニ ムレトブミレバ グレナダヘ ソウニナリニユク カラスナラズヤ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.50


08580
すれすれに バスをよけたる 草の道 毒の茸も このごろは見ず
スレスレニ バスヲヨケタル クサノミチ ドクノキノコモ コノゴロハミズ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.50


08581
色づける 羽状複葉 何の木と 仰ぎゐてふと 音を失ふ
イロヅケル ハジョウフクヨウ ナンノキト アオギヰテフト オトヲウシナフ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.50


08582
五百枚の 原稿用紙 買ひ持ちて いまだ紙なる 重さを運ぶ
ゴヒャクマイノ ゲンコウヨウシ カヒモチテ イマダカミナル オモサヲハコブ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.50


08583
思はれて ゐるやうにしか 振舞へず なまの感情は をりをりきざす
オモハレテ ヰルヤウニシカ フルマヘズ ナマノカンジョウハ ヲリヲリキザス

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51


08584
うるし塗りの 細き筆など ありにしが 身のほとりより さまざまに失す
ウルシヌリノ ホソキフデナド アリニシガ ミノホトリヨリ サマザマニウス

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51


08585
蓋をとれば 裏光りたり 蓋をとる といふことを日に 幾たびもする
フタヲトレバ ウラビカリタリ フタヲトル トイフコトヲヒニ イクタビモスル

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51


08586
螢ぶくろの 花ほうと吹き 生けむとす 若かりし母の なしし如くに
ホタルブクロノ ハナホウトフキ イケムトス ワカカリシハハノ ナシシゴトクニ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51


08587
灯の暗き 寄宿舎の冬 伏せ字解くを たのしみとしたる 少女期ありき
ヒノクラキ キシュクシャノフユ フセジトクヲ タノシミトシタル ショウジョキアリキ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51


08588
学びてより はや五十年は たちながら 農本主義と いふを忘れず
マナビテヨリ ハヤゴジュウネンハ タチナガラ ノウホンシュギト イフヲワスレズ

『短歌現代』(短歌新聞社 1984.1) 第8巻1号 p.51