さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌現代

 
小春日と        誇張して        幾日か         姑と          
スクランブル      飴いろの        とがりたる       手を挙げて       
わかち持つ       物体の         
 
 
 

08501
小春日と いふはかかる日 千代紙の 紫のいろに サフランの咲く
コハルビト イフハカカルヒ チヨガミノ ムラサキノイロニ サフランノサク

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.36


08502
誇張して 言ひ来しことの 傷なすを わが手美し 家ごもる日は
コチョウシテ イヒコシコトノ キズナスヲ ワガテウツクシ イエゴモルヒハ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.36


08503
幾日か 炊がず過ぎて 包丁の 光れるに会ふ 夜半の厨に
イクニチカ カシガズスギテ ホウチョウノ ヒカレルニアフ ヨワノクリヤニ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.36


08504
姑と 呼ぶ人のゐき 風に鳴る 唐もろこしは 丈高かりき
シュウトメト ヨブヒトノヰキ カゼニナル トウモロコシハ タケタカカリキ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08505
スクランブル 交差点といへり 四方より けだものなして 車押し寄す
スクランブル コウサテントイヘリ シホウヨリ ケダモノナシテ クルマオシヨス

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08506
飴いろの コーヒーシュガー 足し入れて 既に埋め得ぬ 時差の如しも
アメイロノ コーヒーシュガー タシイレテ スデニウルエヌ ジサノゴトシモ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08507
とがりたる 顔を向けあふ 夢のなか 果実の山の 不意に崩れき
トガリタル カオヲムケアフ ユメノナカ カジツノヤマノ フイニクズレキ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08508
手を挙げて 停る車の あることを 僥倖とせし 若き日も過ぐ
テヲアゲテ トマルクルマノ アルコトヲ ギョウコウトセシ ワカキヒモスグ

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08509
わかち持つ 隠しごとさへ はろけきに 若草山を 燃す日近づく
ワカチモツ カクシゴトサヘ ハロケキニ ワカクサヤマヲ モスヒチカヅク

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37


08510
物体の 重さとなりて 運ばるる 日もあらむ身を 横たへ眠る
ブッタイノ オモサトナリテ ハコバルル ヒモアラムミヲ ヨコタヘネムル

『短歌現代』(短歌新聞社 1979.1) 第3巻1号 p.37