さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
まかり来て       連想の         はるかなる       石英の         
浜茄子は        いかほどの       藻屑燃す        幅広き         
思はざる        沖縄の         まざまざと       夜に入りて       
五衰とふ        風の吹く        
 
 
 

08380
まかり来て 雨光る道 亡き人は もう蝙蝠傘を 差すこともなし
マカリキテ アメヒカルミチ ナキヒトハ モウカウモリヲ サスコトモナシ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.16


08381
連想の 貧しき日にて 目の前に 撒き散らされし 雀の十羽
レンソウノ マズシキヒニテ メノマエニ マキチラサレシ スズメノジッパ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.16


08382
はるかなる 岬の札所は 思ふのみ 雨にけむれる 海を見てゐる
ハルカナル ミサキノフダショハ オモフノミ アメニケムレル ウミヲミテヰル

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.17


08383
石英の きはだちて光る 角度あり 岩の露頭を めぐりて行けば
セキエイノ キハダチテヒカル カクドアリ イワノロトウヲ メグリテユケバ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.17


08384
浜茄子は 乱れて茂り 川幅の ややせばまりて 真水をとほす
ハマナスハ ミダレテシゲリ カワハバノ ヤヤセバマリテ マミズヲトホス

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.17


08385
いかほどの 時間がたちて 地中より にじみ出でたり 紅の茸は
イカホドノ ジカンガタチテ チチュウヨリ ニジミイデタリ ベニノキノコハ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.17


08386
藻屑燃す 煙の遠く なづさへば 北京原人が 焚きし火思ふ
モクズモス ケムリノトオク ナヅサヘバ シナントロプスガ タキシヒオモフ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.18


08387
幅広き 一枚となりて 立ちあがる 波見てあれば とめどもあらず
ハバヒロキ イチマイトナリテ タチアガル ナミミテアレバ トルドモアラズ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.18


08388
思はざる 罠もあるべし 青潮に 乗りたるサーフ 忽ち崩る
オモハザル ワナモアルベシ アオシオニ ノリタルサーフ タチマチクズル

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.18


08389
沖縄の 何のゆかりに 魔除獅子を 屋根に置きゐる レストランあり
オキナワノ ナンノユカリニ シーサーヲ ヤネニオキヰル レストランアリ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.18


08390
まざまざと 或る日の午餐 思ひたり 洋芹の茎の 辛きを嚙めば
マザマザト アルヒノゴサン オモヒタリ クレソンノクキノ カラキヲカメバ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.19


08391
夜に入りて 覆ひをすれば 音の無き 直方体と なる鳥の籠
ヨニイリテ オオヒヲスレバ オトノナキ チョクホウタイト ナルトリノカゴ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.19


08392
五衰とふ 衰亡の相 ありといふ われに咀嚼の 力衰ふ
ゴスイトフ スイボウノソウ アリトイフ ワレニソシャクノ チカラオトロフ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.19


08393
風の吹く 日ものちの夜も 身に残る 糸ひとすぢの 力にてよし
カゼノフク ヒモノチノヨモ ミニノコル イトヒトスヂノ チカラニテヨシ

『短歌』(角川書店 1988.2) 第35巻2号 p.19