さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
透明の         落ち葉のみ       亡きあとに       対岸の         
ひとつ飛びの      届きたる        まばらなる       油断とは        
一過性の        素手に行く       自転車の        月の夜は        
いくたびの       ゆく末を        
 
 
 

08366
透明の グラスにそそぐ 桜湯の 桜はほのと 蕊立てにけり
トウメイノ グラスニソソグ サクラユノ サクラハホノト シベタテニケリ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.16


08367
落ち葉のみ 吹かれてゆきて 山茶花の うすくれなゐは 黒土のうへ
オチバノミ フカレテユキテ サザンカノ ウスクレナヰハ クロツチノウヘ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.16


08368
亡きあとに 得し身軽さも ゆふぐれは 今に寂しと 人の言ふなり
ナキアトニ エシミガルサモ ユフグレハ イマニサビシト ヒトノイフナリ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.16


08369
対岸の くれぐれのなか 穂すすきは 白くかたまり ちぎれ雲なす
タイガンノ クレグレノナカ ホススキハ シロクカタマリ チギレグモナス

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.16


08370
ひとつ飛びの 溝と思ひて 向きゐしが 夢のなかにも 膝を庇ひき
ヒトツトビノ ミゾトオモヒテ ムキヰシガ ユメノナカニモ ヒザヲカバヒキ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.16


08371
届きたる 名簿をしばし 繰りをれば 次第に運命 論者のごとし
トドキタル メイボヲシバシ クリヲレバ シダイニウンメイ ロンシャノゴトシ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08372
まばらなる 桜のもみぢ 吹かれゐて 太々と黒き 幹ありにけり
マバラナル サクラノモミヂ フカレヰテ フトブトトクロキ ミキアリニケリ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08373
油断とは 踵を上げて 背伸びして 何をかのぞき 見てゐる背中
ユダントハ カカトヲアゲテ セノビシテ ナニヲカノゾキ ミテヰルセナカ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08374
一過性の 病と言へり 音荒く 道をよぎりて 電車が行けり
イッカセイノ ヤマイトイヘリ オトアラク ミチヲヨギリテ デンシャガユケリ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08375
素手に行く 不安に堪へず をんならは 袋のたぐひ 持つにかあらむ
スデニユク フアンニタヘズ ヲンナラハ フクロノタグヒ モツニカアラム

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08376
自転車の ライトは闇を 遠ざかり 風に吹かるる 如く揺れゆく
ジテンシャノ ライトハヤミヲ トオザカリ カゼニフカルル ゴトクユレユク

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08377
月の夜は 尾のなきものも 影曳くと 何を恐れて 母の言ひけむ
ツキノヨハ オノナキモノモ カゲヒキテ ナニヲオソレテ ハハノイヒケム

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08378
いくたびの 霜にやはらぐ 柿落ち葉 踏みても音の 折れずなりたり
イクタビノ シモニヤハラグ カキオチバ フミテモオトノ オレズナリタリ

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17


08379
ゆく末を また見失ふ ごとき日に 軒を鳴らして 狐雨降る
ユクスエヲ マタミウシナフ ゴトキヒニ ノキヲナラシテ キツネアメフル

『短歌』(角川書店 1987.2) 第34巻2号 p.17