さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
覚めやらぬ       塗り終へて       立冬と         もてあそぶ       
語らひつつ       似顔絵を        賑はひの        右半身         
煙草の火        暮れ残る        日ぐれまで       幼な子の        
風の夜を        眠らむと        
 
 
 

08352
覚めやらぬ ままに聞きゐる ちび犬を 連れ出づるらしき 少年のこゑ
サメヤラヌ ママニキキヰル チビイヌヲ ツレイヅルラシキ ショウネンノコヱ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.20


08353
塗り終へて 和紙に抑ふる 口紅に 花の匂ひの してやさしけれ
ヌリオヘテ ワシニオサフル クチベニニ ハナノニオヒノ シテヤサシケレ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.20


08354
立冬と 聞きて出づれば 真向ひの ステンドグラス 黄を輝かす
リットウト キキテイヅレバ マムカヒノ ステンドグラス キヲカガヤカス

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.21


08355
もてあそぶ といふさびしさに 拾ひたる 椎の実をしばし もろ手にかこふ
モテアソブ トイフサビシサニ ヒロヒタル シイノミヲシバシ モロテニカコフ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.21


08356
語らひつつ 行ける少女ら 歩道橋を のぼらむとして 散りぢりになる
カタラヒツツ ユケルショウジョラ ホドウキョウヲ ノボラムトシテ チリヂリニナル

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.21


08357
似顔絵を ゑがかるることも あらざれば 安しと児らの 画展見てゆく
ニガオエヲ ヱガカルルコトモ アラザレバ ヤスシトコラノ ガテンミテユク

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.21


08358
賑はひの なか抜けくれば 一室に 無人のベッドが 並びゐにけり
ニギハヒノ ナカヌケクレバ イッシツニ ムジンノベッドガ ナラビヰニケリ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.22


08359
右半身 左半身 少しづつ ずれて近づく 鏡のわれに
ミギハンシン ヒダリハンシン スコシヅツ ズレテチカヅク カガミノワレニ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.22


08360
煙草の火 移さむとして 横顔と 横顔が無限に 近づきゆけり
タバコノヒ ウツサムトシテ ヨコガオト ヨコガオガムゲンニ チカヅキユケリ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.22


08361
暮れ残る 真上の空に 浮く雲の しろじろと南米の 地図のかたちす
クレノコル マウエノソラニ ウククモノ シロジロトナンベイノ チズノカタチス

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.22


08362
日ぐれまで かしましかりし 箱馬車の 玩具もいつか 児らは使はず
ヒグレマデ カシマシカリシ ハコバシャノ ガングモイツカ コラハツカハズ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.23


08363
幼な子の 戻れるけはい 間もあらず 泣き声あがる 隣の家は
オサナゴノ モドレルケハイ マモアラズ ナキゴエアガル トナリノイエハ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.23


08364
風の夜を 怖れつつなほ をりをりに さまざまに燃やす 火といふものを
カゼノヨヲ オソレツツナホ ヲリヲリニ サマザマニモヤス ヒトイフモノヲ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.23


08365
眠らむと して目に来るは いつ見たる 前方後円 墳の俯瞰図
ネムラムト シテメニクルハ イツミタル ゼンポウコウエン フンノフカンズ

『短歌』(角川書店 1986.2) 第33巻2号 p.23