さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
測量の         紫陽花の        帰化したる       仏像の         
いつの日の       雨の日の        池水の         石ぶみの        
はみ出でし       つつがなき       終点まで        西日本を        
冷蔵庫の        父母の名も       亡き父の        ときのまに       
職やめて        しばらくを       北国の         安物の         
錆びいろの       死のあとに       とりたてて       カレンダーに      
さすらひの       雨季の来る       食事のあと       夜の部屋の       
教へ子と        賑やかに        滑り台         語るべき        
 
 
 

08278
測量の 人らの去りし 野の上は 泡立草も 未だ芽ぶかず
ソクリョウノ ヒトラノサリシ ノノウエハ アワダチソウモ イマダメブカズ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.26


08279
紫陽花の しげみのかなた 賑はひて プロゴルファーの 今日は来てゐる
アジサイノ シゲミノカナタ ニギハヒテ プロゴルフゥーノ キョウハキテヰル

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.26


08280
帰化したる 人らの彫りし み仏と 伝へて仰ぐ おとがひ豊か
キカシタル ヒトラノホリシ ミホトケト ツタヘテアオグ オトガヒユタカ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08281
仏像の 耳は重しと 仰ぎゐて 次第にわれの 耳の垂りくる
ブツゾウノ ミミハオモシト アオギヰテ シダイニワレノ ミミノタリクル

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08282
いつの日の 母の言葉か み仏は 偏平足を 持ちいますとふ
イツノヒノ ハハノコトバカ ミホトケハ ヘンペイソクヲ モチイマストフ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08283
雨の日の 卯の花を見て 通りしが 今日は茶室に 人のけはひす
アメノヒノ ウノハナヲミテ トオリシガ キョウハチャシツニ ヒトノケハヒス

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08284
池水の 底の闇より のぼりくる 幽鬼のごとし 真鯉の顔は
イケミズノ ソコノヤミヨリ ノボノクル ユウキノゴトシ マゴイノカオハ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08285
石ぶみの 根元の草に あまたゐて 何の蝶とも 知れずたゆたふ
イシブミノ ネモトノクサニ アマタヰテ ナンノチョウトモ シレズタユタフ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.27


08286
はみ出でし 枝の先なる 蔓薔薇の ひときは赤し 日に照らされて
ハミイデシ エダノサキナル ツルバラノ ヒトキハアカシ ヒニテラサレテ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08287
つつがなき 明日ある如し ほどけゆく 航跡雲も かすか茜す
ツツガナキ アスアルゴトシ ホドケユク コウセキウンモ カスカアカネス

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08288
終点まで 行きてみむ日も なくて乗る バスと思へり 降りし夜道に
シュウテンマデ ユキテミムヒモ ナクテノル バストオモヘリ オリシヨミチニ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08289
西日本を 黄砂はひろく 覆ふとぞ こもりゐて空を 見ざる一日に
ニシニホンヲ コウサハヒロク オオフトゾ コモリヰテソラヲ ミザルヒトヒニ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08290
冷蔵庫の なか明るくて 生みたてを 賜びし真白の 鶏卵並ぶ
レイゾウコノ ナカアカルクテ ウミタテヲ タマビシマシロノ ケイランナラブ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08291
父母の名も 妹の名も 消されたる 戸籍謄本 見つつすべなし
フボノナモ イモウトノナモ ケサレタル コセキトウホン ミツツスベナシ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.28


08292
亡き父の 姓をそのまま 姓として 書類に古りし 印鑑を押す
ナハチチノ セイヲソノママ セイトシテ ショルイニフリシ インカンヲオス

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08293
ときのまに 日ざし洩れ来て 喪の花の 銀はまぶしく 光を返す
トキノマニ ヒザシモレキテ モノハナノ ギンハマブシク ヒカリヲカエス

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08294
職やめて 久しきものを 取引先の 電話など今に 記憶すと言ふ
ショクヤメテ ヒサシキモノヲ トリヒキサキノ デンワナドイマニ キオクストイフ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08295
しばらくを かけなづむ鍵の 音のして 隣りの家の たれか出でゆく
シバラクヲ カケナヅムカギノ オトノシテ トナリノイエノ タレカイデユク

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08296
北国の 桜の花も 終はるとふ 紫陽花に降る 雨やはらかし
キタグニノ サクラノハナモ オハルトフ アジサイニフル アメヤハラカシ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08297
安物の 宝石あまた 持ち古りぬ こころすさめる 日々に買ひにき
ヤスモノノ ホウセキアマタ モチフリヌ ココロスサメル ヒビニカヒニキ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.29


08298
錆びいろの 葉を持つアート フラワーの 枯るることなき 平安もよし
サビイロノ ハヲモツアート フラワーノ カルルコトナキ ヘイアンモヨシ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08299
死のあとに 残されむもの 度の違ふ 眼鏡の幾つ 思ふことあり
シノアトニ ノコサレムモノ ドノチガフ メガネノイクツ オモフコトアリ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08300
とりたてて 思ふならねど 静かにて かなしきときに 歌の生まるる
トリタテテ オモフナラネド シズカニテ カナシキトキニ ウタノウマルル

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08301
カレンダーに しるし置きしが 今朝見れば 唐招提寺の 祭りも過ぎぬ
カレンダーニ シルシオキシガ ケサミレバ トウショウダイジノ マツリモスギヌ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08302
さすらひの 子猫を飼ふと 決めしより すなほになれる 少女と伝ふ
サスラヒノ コネコヲカフト キメシヨリ スナホニナレル ショウジョトツタフ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08303
雨季の来る 前には再び 痛まむと わが持つ傷を 人の気づかふ
ウキノクル マエニハフタタビ イタマムト ワガモツキズヲ ヒトノキヅカフ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.30


08304
食事のあと ゆるぶ体の うとましく ながく坐れり 何なすとなく
ショクジノアト ユルブカラダノ ウトマシク ナガクスワレリ ナニナストナク

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31


08305
夜の部屋の 四隅寒しと 見回して たちまち雨の 音にかこまる
ヨノヘヤノ ヨスミサムシト ミマワシテ タチマチアメノ オトニカコマル

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31


08306
教へ子と いへども不惑を とうに過ぎ 一人は中国人の 妻となりゐし
オシヘゴト イヘドモフワクヲ トウニスギ ヒトリハチュウゴクジンノ ツマトナリヰシ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31


08307
賑やかに ゐたりし子らも 帰りゆき かすかに濁る 絨緞のいろ
ニギヤカニ ヰタリシコラモ カエリユキ カスカニニゴル ジュウタンノイロ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31


08308
滑り台 斜めにかかり ゐたるのみ 小公園に 降る雨寒し
スベリダイ ナナメニカカリ ヰタルノミ ショウコウエンニ フルアメサムシ

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31


08309
語るべき 人もあらねば セーターを 重ねて梅雨の 夜を起きゐる
カタルベキ ヒトモアラネバ セーターヲ カサネテツユノ ヨルヲオキヰル

『短歌』(角川書店 1982.8) 第29巻8号 p.31