さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
汗あえて        人数の         こはされて       雲の秀の        
鉄橋を         おが屑を        収拾の         歌舞伎座の       
亡き父の        防虫加工        神経の         詫びられて       
素通りの        いつとなく       太々と         辻褄を         
夜の更けに       ふるさとは       雪の日は        亡き人の        
夏の服を        
 
 
 

08143
汗あえて 通ふといへど この夏を 繃帯一つ わが巻きをらず
アセアエテ カヨフトイヘド コノナツヲ ホウタイヒトツ ワガマキヲラズ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.36


08144
人数の ほどよく乗れる 昼のバス 目の化粧濃き 少女のゐたり
ニンズウノ ホドヨクノレル ヒルノバス メノケショウコキ ショウジョノヰタリ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.36


08145
こはされて ゆく店のあり ふるびたる 招き猫など いかになりけむ
コハサレテ ユクミセノアリ フルビタル マネキネコナド イカニナリケム

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.36


08146
雲の秀の いつしか崩れ ばらばらの 珊瑚のかたちに 浮きて茜す
クモノホノ イツシカクズレ バラバラノ サンゴノカタチニ ウキテアカネス

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08147
鉄橋を 渡り切りたる 列車見ゆ かすかに昇り 勾配なして
テッキョウヲ ワタリキリタル レッシャミユ カスカニノボリ コウバイナシテ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08148
おが屑を かき分けて何も 出でて来ぬ 夢ながながと 見て手をひらく
オガクズヲ カキワケテナニモ イデテコヌ ユメナガナガト ミテテヲヒラク

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08149
収拾の つかぬ思ひに あり経しが 今朝は木槿の 白一つ咲く
シュウシュウノ ツカヌオモヒニ アリヘシガ ケサハムクゲノ シロヒトツサク

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08150
歌舞伎座の 舞台ならねば 坂の上 ただ音もなく 雪降りゐたれ
カブキザノ ブタイナラネバ サカノウエ タダオトモナク ユキフリヰタレ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08151
亡き父の 懐中時計 出でて来ぬ 銀の鎖は いつしかあらず
ナキチチノ カイチュウドケイ イデテコヌ ギンノクサリハ イツシカアラズ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.37


08152
防虫加工 してあるといふ 布を裁つ 新しきものにも なじみてゆかむ
ボウチュウカコウ シテアルトイフ ヌノヲタツ アタラシキモノニモ ナジミテユカム

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08153
神経の 接ぎ目接ぎ目の 痛む日か パンタグラフは 火を噴きて過ぐ
シンケイノ ツギメツギメノ イタムヒカ パンタグラフハ ヒヲフキテスグ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08154
詫びられて 済むことならず クーラーに 冷やされてゆく 魂までも
ワビラレテ スムコトナラズ クーラーニ ヒヤサレテユク タマシイマデモ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08155
素通りの ためらひもなく 灯ともして いきいきとゆく 回送のバス
スドオリノ タメラヒモナク ヒトモシテ イキイキトユク カイソウノバス

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08156
いつとなく 雨はあがれり 前山の 霧抜きて立つ 三角帽子
イツトナク アメハアガレリ マエヤマノ キリヌキテタツ サンカクボウシ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08157
太々と 何のグラフか 上昇し やまぬ朱線を 見て夢のなか
フトブトト ナンノグラフカ ジョウショウシ ヤマヌシュセンヲ ミテユメノナカ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.38


08158
辻褄を あはせてすむとも 思はねど くらがりに降る 音のみの雨
ツジツマヲ アハセテスムトモ オモハネド クラガニフル オトノミノアメ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39


08159
夜の更けに ものを食みゐて 兵量の 尽きなば果てむ 戦の如し
ヨノフケニ モノヲハミヰテ ヒョウリョウノ ツキナバハテム イクサノゴトシ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39


08160
ふるさとは 城のある町 ゆくりなく ジョギングコース として映されぬ
フルサトハ シロノアルマチ ユクリナク ジョギングコース トシテウツサレヌ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39


08161
雪の日は まろびて遊び 頬赤き 雪娘なりし 遠き昔よ
ユキノヒハ マロビテアソビ ホホアカキ ユキムスメナリシ トオキムカシヨ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39


08162
亡き人の 真珠の耳輪 手にのせて かなしみはふと われを清くす
ナキヒトノ シンジュノミミワ テニノセテ カナシミハフト ワレヲキヨクス

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39


08163
夏の服を 仕舞はむとして うすものを 透かしくる如き かなしみに会ふ
ナツノフクヲ シマハムトシテ ウスモノヲ カスシクルゴトキ カナシミニアフ

『短歌』(角川書店 1979.11) 第26巻11号 p.39