さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
出まかせの       ひさびさに       ガラスのビルを     過ぎて来て       
つぎつぎに       
 
 
 

08065
出まかせの 理由を言ひて 出でてゆく 必要もなく 鍵しめて出づ
デマカセノ リユウヲイヒテ イデテユク ヒツヨウモナク カギシメテイヅ

『短歌』(角川書店 1979.1) 第26巻1号 p.74


08066
ひさびさに 歩む銀座の 夕まぐれ 影濃く犬の 曳かれてゆけり
ヒサビサニ アユムギンザノ ユウマグレ カゲコクイヌノ ヒカレテユケリ

『短歌』(角川書店 1979.1) 第26巻1号 p.74


08067
ガラスのビルを 仰ぎてをれば 吸盤を 持たざる不意の 怖れはきざす
ガラスノビルヲ アオギテヲレバ キュウバンヲ モタザルフイノ オソレハキザス

『短歌』(角川書店 1979.1) 第26巻1号 p.74


08068
過ぎて来て わが身のそよぐ 思ひしつ 毛皮の匂ふ コートの売り場
スギテキテ ワガミノソヨグ オモヒシツ ケガワノニオフ コートノ ウリバ

『短歌』(角川書店 1979.1) 第26巻1号 p.74


08069
つぎつぎに 鳩を飛ばしゐたる 手品師の 左利きなりし ことのみ思ふ
ツギツギニ ハトヲトバシヰタル テジナシノ ヒダリキキナリシ コトノミオモフ

『短歌』(角川書店 1979.1) 第26巻1号 p.74