さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
ゆく末は        庖丁の         充電せる        ひとところ       
前歯などの       もの音を        みな同じ        人へ置く        
拭きながら       一日中         紫の          
 
 
 

07865
ゆく末は 思はざらむと ゐるものを ほとりに水の 湧くごとき日よ
ユクスエハ オモハザラムト ヰルモノヲ ホトリニミズノ ワクゴトキヒヨ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.116


07866
庖丁の 背もて鱗を 削がれゐつ 過ぎて体の いづこか寒し
ホウチョウノ セモテウロコヲ ソガレヰツ スギテカラダノ イヅコカサムシ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.116


07867
充電せる 馬などのゐる けはひして まつすぐ歩み ゆくほかあらず
ジュウデンセル ウマナドノヰル ケハヒシテ マツスグアユミ ユクホカアラズ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.116


07868
ひとところ 光る落ち葉は 何ならむ ものを干しゐて 目のかかづらふ
ヒトトコロ ヒカルオチバハ ナニナラム モノヲホシヰテ メノカカヅラフ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.116


07869
前歯などの 欠けゆくやうに 一つ一つ 錆びて落ちつぐ 金魚草の花
マエバナドノ カケユクヤウニ ヒトツヒトツ サビテオチツグ ドラゴンノハナ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07870
もの音を 立つることなき わが生活 隣の庭は 木を整ふる
モノオトヲ タツルコトナキ ワガクラシ トナリノニワハ キヲトトノフル

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07871
みな同じ 本のかたちと 思ひゐて まどろめるらし 手の冷ゆるまで
ミナオナジ ホンノカタチト オモヒヰテ マドロメルラシ テノヒユルマデ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07872
人へ置く 距離曖昧に 歩みつつ いたく小さし わが洋傘は
ヒトヘオク キョリアイマイニ アユミツツ イタクチイサシ ワガカウモリハ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07873
拭きながら ガラスの皿も 見失ふ 思はぬ酔ひの 身に残りゐて
フキナガラ ガラスノサラモ ミウシナフ オモハヌヨヒノ ミニノコリヰテ

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07874
一日中 真夜中のやうな 地下の書庫 何のはずみに ここに働く
イチニチヂュウ マヨナカノヤウナ チカノショコ ナンノハズミニ ココニハタラク

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117


07875
紫の 染みて靄だつ 街のさま 当然ひとりの 夜がまた来る
ムラサキノ ソミテモヤダツ マチノサマ トウゼンヒトリノ ヨルガマタクル

『短歌』(角川書店 1975.4) 第22巻4号 p.117