さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
玉虫を         ダンプカーの      橋の上に        花の名を        
テーブルを       雨あとの        黒髪を         何により        
人の体に        今はただ        
 
 
 

07792
玉虫を あまた集めき 玉虫を なべて逃がしき この白き手に
タマムシヲ アマタアツメキ タマムシヲ ナベテニガシキ コノシロキテニ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07793
ダンプカーの 砂利おろすさま 音立てて あと戻りする 時間の如き
ダンプカーノ ジャリオロスサマ オトタテテ アトモドリスル ジカンノゴトキ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07794
橋の上に 立ちて淀みに ふり撒かむ 花びらは湧け わがもろ手より
ハシノウエニ タチテヨドミニ フリマカム ハナビラハワケ ワガモロテヨリ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07795
花の名を 思へるひまに 輪郭を くづして溶けて ゆくシャーべット
ハナノナヲ オモヘルヒマニ リンカクヲ クヅシテトケテ ユクシャーベット

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07796
テーブルを かこみて語り ゐたりしが 他人のやうには われを見ざりき
テーブルヲ カコミテカタリ ヰタリシガ タニンノヤウニハ ワレヲミザリキ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07797
雨あとの しづくの音を 集めゐて 何を聴きたき 耳かと思ふ
アメアトノ シヅクノオトヲ アツメヰテ ナニヲキキタキ ミミカトオモフ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07798
黒髪を 燃えあがらせて やみくもに 駆けりゆきたり 目ざめしあとも
クロカミヲ モエアガラセテ ヤミクモニ カケリユキタリ メザメシアトモ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07799
何により をみな子などに 生れしや 耳に涙を ためつつ眠る
ナニニヨリ ヲミナコナドニ ウマレシヤ ミミニナミダヲ タメツツネムル

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07800
人の体に 等高線を ゑがける図 見て立ちくれば 身がやはらかし
ヒトノカラダニ トウコウセンヲ ヱガケルズ ミテタチクレバ ミガヤハラカシ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98


07801
今はただ ミシンを踏まむ 石ころの やうにころがり 落ちてもゆけず
イマハタダ ミシンヲフマム イシコロノ ヤウニコロガリ オチテモユケズ

『短歌』(角川書店 1974.8) 第21巻8号 p.98