さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
よこしまの       堪へかねて       思ひ切り        黒板へ         
ときながく       氷片を         あきらめて       隣の席の        
旅びとの        思うさま        牝牛とも        いづこにて       
 
 
 

07780
よこしまの ことを思へる ときのまの ありて立ちゆく 湯の沸く音に
ヨコシマノ コトヲオモヘル トキノマノ アリテタチユク ユノワクオトニ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07781
堪へかねて 手を放しなば ばらばらに ほどけて落ちて ゆくわれならむ
タヘカネテ テヲハナシナバ バラバラニ ホドケテオチテ ユクワレナラム

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07782
思ひ切り 押されしドアの 荒ぶ見て 出で行ける人を われは見ざりき
オモヒキリ オサレシドアノ スサブミテ イデユケルヒトヲ ワレハミザリキ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07783
黒板へ 字を書く音と 分るまでに しばし間のあり 裏側にゐて
コクバンヘ ジヲカクオトト ワカルマデニ シバシマノアリ ウラガワニヰテ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07784
ときながく 洗車の音の してゐしが 雨のひびきと なりつつ暗む
トキナガク センシャノオトノ シテヰシガ アメノヒビキト ナリツツクラム

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07785
氷片を グラスに鳴らし ゐて思ふ 立ち去らむには 体力も要る
ヒョウヘンヲ グラスニナラシ ヰテオモフ タチサラムニハ タイリョクモイル

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163


07786
あきらめて 刃入れたる オレンヂの 果肉は赤し 思へるよりも
アキラメテ ヤイバイレタル オレンヂノ カニクハアカシ オモヘルヨリモ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163


07787
隣の席の 人のしてゐし 耳飾り 乗り換へてまだ 意識を去らぬ
トナリノセキノ ヒトノシテヰシ ミミカザリ ノリカヘテマダ イシキヲサラヌ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163


07788
旅びとの やうには見えぬ われならむ 道を問はるる 朝にゆふべに
タビビトノ ヤウニハミエヌ ワレナラム ミチヲトハルル アサニユフベニ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.162


07789
思うさま くつがへらねば 越えられず 闇の遠くに 耳二つ置く
オモウサマ クツガヘラネバ コエラレズ ヤミノトオクニ ミミフタツオク

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163


07790
牝牛とも われともつかず 黄の色を 塗られてゆけり 大き蹄に
メウシトモ ワレトモツカズ キノイロヲ ヌラレテユケリ オオキヒヅメニ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163


07791
いづこにて 焼かれむわれか 金冠の 小さき一つ 奥歯に持ちて
イヅコニテ ヤカレムワレカ キンカンノ チイサキヒトツ オクバニモチテ

『短歌』(角川書店 1974.5) 第21巻5号 p.163