さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
ちぎれさうに      盛りあげて       てのひらを       いつのまに       
口数の         麻酔切るる       つらなめて       円柱は         
帰らざる        少女らが        手首より        底深く         
一息に         巻き貝の        航跡雲         朝より         
人知れぬ        手に余る        曇りのまま       青胡桃         
わがゑがく       日の暮れに       音立てず        似顔めく        
芝庭の         
 
 
 

07721
ちぎれさうに なりつつ旗が 吹かれをり 厚きガラスを われはめぐらす
チギレサウニ ナリツツハタガ フカレヲリ アツキガラスヲ ワレハメグラス

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.64


07722
盛りあげて 活けゆく花に 目の前を しばしなりとも 塞がれてゐよ
モリアゲテ イケユクハナニ メノマエヲ シバシナリトモ フサガレテヰヨ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.64


07723
てのひらを 重ぬるごとき 落ち葉かと みづからの手の 位置を意識す
テノヒラヲ カサヌルゴトキ オチバカト ミヅカラノテノ イチヲイシキス

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.64


07724
いつのまに 小さき蜂の 数増して 石蕗の花の めぐり賑はふ
イツノマニ チイサキハチノ カズマシテ ツハブキノハナノ メグリニギハフ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.64


07725
口数の 少なく過ぎし 日と思ふ 草のもみぢに 道の明るむ
クチカズノ スクナクスギシ ヒトオモフ クサノモミヂニ ミチノアカルム

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07726
麻酔切るる 時々刻々に 身の痛み 超え得し神と われは思はず
マスイキルル ジジコクコクニ ミノイタミ コエエシカミト ワレハオモハズ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07727
つらなめて 輝ける把手 風のやうに 開きていざなふ ドアなどあるな
ツラナメテ カガヤケルノブ カゼノヤウニ アキテイザナフ ドアナドアルナ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07728
円柱は 何れも太く 妹を しばしばわれの 視野から奪ふ
エンチュウハ イズレモフトク イモウトヲ シバシバワレノ シヤカラウバフ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07729
帰らざる われの子犬は 夕焼けの 真下の原を 駆けゐむころか
カエラザル ワレノコイヌハ ユウヤケノ マシタノハラヲ カケヰムコロカ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07730
少女らが 語れる町の 名の幾つ 雪降れりとふ 母のふるさと
ショウジョラガ カタレルマチノ ナノイクツ ユキフレリトフ ハハノフルサト

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07731
手首より 襟回りより ほどかれて 混沌と積もる まだらの毛糸
テクビヨリ エリマワリヨリ ホドカレテ コントントツモル マダラノケイト

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.65


07732
底深く 羊歯の臭ひの 溜まりゐむ 井戸を思ひて をれば眠りぬ
ソコフカク シダノニオヒノ タマリヰム イドヲオモヒテ ヲレバネムリヌ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07733
一息に わが描く薔薇は 花びらの ない真黒な 色のかたまり
ヒトイキニ ワガカクバラハ ハナビラノ ナイマックロナ イロノカタマリ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07734
巻き貝の 芯まで今朝は 明るしと 思へることも ながく続かず
マキガイノ シンマデケサハ アカルシト オモヘルコトモ ナガクツヅカズ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07735
航跡雲 あとかたもなく 消えてをり 思ひかくまで 澄む日のありや
コウセキウン アトカタモナク キエテヲリ オモヒカクマデ スムヒノアリヤ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07736
朝より 落ち葉しやまぬ 銀杏の木 事務室に見て 風あるも知る
アシタヨリ オチバシヤマヌ イチョウノキ ジムシツニミテ カゼアルモシル

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07737
人知れぬ 賭けの如きか 地に落ちし 柘榴は割れて かたち崩れぬ
ヒトシレヌ カケノゴトキカ チニオチシ ザクロハワレテ カタチクズレヌ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07738
手に余る まで拾ひ来し 樫の実を また一つづつ 地上に返す
テニアマル マデヒロヒコシ カシノミヲ マタヒトツヅツ チジョウニカエス

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.66


07739
曇りのまま 日の傾きて 川下の 椎の木立の 遠き翳りよ
クモリノママ ヒノカタムキテ カワシモノ シイノコダチノ トオキカゲリヨ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07740
青胡桃 握りてをれば 生涯の たった一つの 獲物ならずや
アオグルミ ニギリテヲレバ ショウガイノ タッタヒトツノ エモノナラズヤ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07741
わがゑがく 花に似てゐむ 花びらの 欠けたるままに 点くシャンデリア
ワガヱガク ハナニニテヰム ハナビラノ カケタルママニ ツクシャンデリア

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07742
日の暮れに 連れ出づる犬の 在らぬこと 思ひてをれば 妹の言ふ
ヒノクレニ ツレイヅルイヌノ アラヌコト オモヒテヲレバ イモウトノイフ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07743
音立てず 漂ひゐしが 尾の鰭の 懈き感じの ままに目ざめつ
オトタテズ タダヨヒヰシガ オノヒレノ タユキカンジノ ママニメザメツ

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07744
似顔めく 人間ばかり 見たる日か まばたきて一つ 一つと消さむ
ニガオメク ニンゲンバカリ ミタルヒカ マバタキテヒトツ ヒトツトケサム

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67


07745
芝庭の 陶のスツール 秋深む ゆふべゆふべの 雨に打たるる
シバニワノ トウノスツール アキフカム ユフベユフベノ アメニウタルル

『短歌』(角川書店 1972.1) 第19巻1号 p.67