さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
散りしける       何ほどの        降りやまぬ       つながらぬ       
姉妹にて        手鏡の         少しづつ        蠍を防ぐ        
練習船の        空深く         
 
 
 

07681
散りしける 欅の落ち葉 いまひと夜 かさねむことの ありて踏みゆく
チリシケル ケヤキノオチバ イマヒトヨ カサネムコトノ アリテフミユク

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.42


07682
何ほどの ことに急ぎて 石階を ななめにくだり ゆくわれの影
ナニホドノ コトニイソギテ イシカイヲ ナナメニクダリ ユクワレノカゲ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.42


07683
降りやまぬ 雨の奥より よみがへる 挙手の礼など なすにあらずや
フリヤマヌ アメノオクヨリ ヨミガヘル キョシュノレイナド ナスニアラズヤ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.42


07684
つながらぬ 芝生の隙の 寒き日か かき集めゆく 竹の落ち葉を
ツナガラヌ シバフノスキノ サムキヒカ カキアツメユク タケノオチバヲ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.42


07685
姉妹にて 分ち持つ鍵 緋の房を つけし一つは 妹が持つ
シマイニテ ワカチモツカギ ヒノフサヲ ツケシヒトツハ イモウトガモツ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43


07686
手鏡の とらへし梢 明るくて 雨に触れあふ 一位の実見ゆ
テカガミノ トラヘシコズエ アカルクテ アメニフレアフ イチイノミミユ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43


07687
少しづつ 引きよせられて ゐるわれか 揺られ続くる 夜々の眠りに
スコシヅツ ヒキヨセラレテ ヰルワレカ ユラレツヅクル ヨヨノネムリニ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43


07688
蠍を防ぐ 呪文となへて わがをれば かすかにたれの 爪をつむ音
サソリヲフセグ ジュモントナヘテ ワガヲレバ カスカニタレノ ツメヲツムオト

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43


07689
練習船の 白いマストも 見失ふ 眼鏡はづしし くるめきのなか
レンシュウセンノ シロイマストモ ミウシナフ メガネハヅシシ クルメキノナカ

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43


07690
空深く 菌糸のやうな 雲が湧き 知らざることを 身に殖やしゆく
ソラフカク キンシノヤウナ クモガワキ シラザルコトヲ ミニフヤシユク

『短歌』(角川書店 1969.1) 第16巻1号 p.43