さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
竹伐りが        枯れ枝を        吸殻を         草むらに        
最後の         執拗に         濡れ髪の        蔓薔薇の        
裏返しの        荷台より        葉の折れし       いつのまに       
尖端に         煽られし        夢に得て        姿見に         
丈長く         一枚の         風鈴の         底ひより        
雨のあと        鉄骨の         背伸びして       長雨の         
枕木の         燭の火を        暖国を         行き暮れて       
傘二つ         遠景に         
 
 
 

07583
竹伐りが 去りゆきしあとの 藪乱れ 沼にさしゐる ながき夕映え
タケトリガ サリユキシアトノ ヤブミダレ ヌマニサシヰル ナガキユウバエ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.14


07584
枯れ枝を 踏みたる音に たじろげば 林はいつか 風やみてゐる
カレエダヲ フミタルオトニ タジロゲバ ハヤシハイツカ カゼヤミテヰル

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.14


07585
吸殻を 沼に投げ捨て 立ちゆけり 何決意せし 人にかあらむ
スイガラヲ ヌマニナゲステ タチユケリ ナニケツイセシ ヒトニカアラム

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.14


07586
草むらに 柵崩え残り まぼろしの 胴輝ける 馬歩み来る
クサムラニ サククエノコリ マボロシノ ドウカガヤケル ウマアユミクル

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07587
最後の マツチを擦りて 確めし おもかげなりき 去りてはろけし
サイゴノ マツチヲスリテ タシカメシ オモカゲナリキ サリテハロケシ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07588
執拗に 突堤の灯を 砕きゐし 波に次第に 溶けつつ眠る
ツシヨウニ トッテイノヒヲ クダキヰシ ナミニシダイニ トケツツネムル

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07589
濡れ髪の ままの眠りを ぬけ出でて 藻魚の雌は 岩間さまよふ
ヌレカミノ ママノネムリヲ ヌケイデテ モイヲノメスハ イワマサマヨフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07590
蔓薔薇の 咲きては褪せて ゆく日々に 太き土管は 掘りあげられつ
ツルバラノ サキテハアセテ ユクヒビニ フトキドカンハ ホリアゲラレツ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07591
裏返しの われを見たしと 言ひしとふ 仕事の虫とも 言ひゐしといふ
ウラガエシノ ワレヲミタシト イヒシトフ シゴトノムシトモ イヒヰシトイフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07592
荷台より 素足垂らして 児が乗れり きしみつつゆく 野の牛車
ニダイヨリ スアシタラシテ コガノレリ キシミツツユク ノノウシグルマ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07593
葉の折れし 葱買ひ持てば すべなきに 橋の下まで 霧あふれゐる
ハノオレシ ネギカヒモテバ スベナキニ ハシノシタマデ キリアフレヰル

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07594
いつのまに 杉菜長けゐる 水のほとり わが沈めたる 斧も還るや
イツノマニ スギナタケヰル ミズノホトリ ワガシズメタル オノモカエルヤ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.15


07595
尖端に 吊るされてゐし 記憶にて 耳を離れぬ 点滴の音
センタンニ ツルサレテヰシ キオクニテ ミミヲハナレヌ テンテキノオト

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07596
煽られし 楽譜を拾ふ 時の間に ドビユッシーもわれは 逃がしてしまふ
アオラレシ ガクフヲヒロフ トキノマニ ドビユッシーモワレハ ニガシテシマフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07597
夢に得て 必死に握り ゐしは何 ばらばらに指を 解きほぐしたり
ユメニエテ ヒッシニニギリ ヰシハナニ バラバラニユビヲ トキホグシタリ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07598
姿見に 脱ぎし手袋 映りゐて 囀り倦まぬ インコと思ふ
スガタミニ ヌギシテブクロ ウツリヰテ サエズリウマヌ インコトオモフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07599
丈長く 切り来し菖蒲 手向けつつ 人に知られぬ ゆかりも過ぎぬ
タケナガク キリコシアヤメ タムケツツ ヒトニシラレヌ ユカリモスギヌ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07600
一枚の てのひらをもて 蔽はむに 溢れて思ふ ことも少なし
イチマイノ テノヒラヲモテ オオハムニ アフレテオモフ コトモスクナシ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07601
風鈴の 舌ひるがへり 音絶ゆる 束の間ありて 風の過ぎゆく
フウリンノ シタヒルガヘリ オトタユル ツカノマアリテ カゼノスギユク

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07602
底ひより 蘇へる鐘の 声を待ち 夜々に弾く沈める 寺のバラード
ソコヒヨリ ヨミガヘルカネノ コエヲマチ ヨヨニヒクシズメル テラノバラード

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07603
雨のあと 靄流れつつ 地の上は 切り株殖えて ゆくばかりなり
アメノアト モヤナガレツツ チノウエハ キリカブフエテ ユクバカリナリ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.16


07604
鉄骨の 階ひびきあふ 踊り場に 海見しごとき くるめきに会ふ
テッコツノ カイヒビキアフ オドリバニ ウミミシゴトキ クルメキニアフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07605
背伸びして 妹の薔薇を 覗くさま ガラス透かして 遠景に似つ
セノビシテ イモウトノバラヲ ノゾクサマ ガラススカシテ エンケイニニツ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07606
長雨の 水を溜めゐむ 壕の跡 ほろびし墳の 木々青みたり
ナガアメノ ミズヲタメヰム ホリノアト ホロビシツカノ キギアオミタリ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07607
枕木の 間隔を読む ごとく来て 蛇を剥きゐる 少年に会ふ
マクラギノ カンカクヲヨム ゴトクキテ ヘビヲムキヰル ショウネンニアフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07608
燭の火を 消したるあとに 蠟匂ふ 言ひそびれたる 言葉のごとく
ショクノヒヲ ケシタルアトニ ロウニオフ イヒソビレタル コトバノゴトク

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07609
暖国を 恋ひゐし日々の よみがへり 拇指立てて 剥くザボンが匂ふ
ダンコクヲ コイヰシヒビノ ヨミガヘリ オヤユビタテテ ムクザボンガニオフ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07610
行き暮れて 樹氷の森に 明かしたる 一夜眠らぬ ために歌ひき
ユキクレシ ジュヒョウノモリニ アカシタル ヒトヨネムラヌ タメニウタヒキ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07611
傘二つ ひろげて待てば 妹は ピアノに鍵を かけて出で来ぬ
カサフタツ ヒロゲテマテバ イモウトハ ピアノニカギヲ カケテイデコヌ

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17


07612
遠景に 触角のごとき クレーン見え 崩れし石の 坂下りゆく
エンケイニ ショッカクノゴトキ クレーンミエ クズレシイシノ サカクダリユク

『短歌』(角川書店 1963.7) 第10巻7号 p.17