さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
朝燒けの        逸れ矢など       うろくづの       描きさしの       
檢閲の         遺作の         石室の         流寓の         
いつよりか       母のみが        
 
 
 

07498
朝燒けの 美しき日々 フレームに 匂菫の 咲きたまりゆく
アサヤケノ ウツクシキヒビ フレームニ ニホヒスミレノ サキタマリユク

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07499
逸れ矢など 飛びては來ずや 葦の間を 縫ひて汀へ 歸るヨットに
ソレヤナド トビテハコズヤ アシノマヲ ヌヒテミギハヘ カエルヨットニ

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07500
うろくづの 跳ぬる音より ひそかにて 隕石水に 墜つる夜あらむ
ウロクヅノ ハヌルオトヨリ ヒソカニテ インセキスイニ オツルヨアラム

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07501
描きさしの 抽象畫裂きて ある見れば やすらかなりし 死と思ひ得ず
カキサシノ チュウショウガサキテ アルミレバ ヤスラカナリシ シトオモヒエズ

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07502
檢閲の すみし帳簿を 括りゐて 區切りつかぬ思ひ いつまでか持つ
ケンエツノ スミシチョウボヲ ククリヰテ クギリツカヌオモヒ イツマデカモツ

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07503
遺作の 自晝像かかる アトリエに 今日はたれかゐて あかりを點す
イサクノ ジガゾウカカル アトリエニ キョウハタレカヰテ アカリヲトモス

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07504
石室の 底に眠り ゐしごとし 遠きしづくの 音に醒めつつ
イシムロノ ソコヒニネムリ ヰシゴトシ トオキシヅクノ オトニサメツツ

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07505
流寓の 相と言はれし 中指の 渦紋も夏の 手袋に祕む
リュウグウノ ソウトイハレシ ナカユビノ ウズモンモナツノ テブクロニヒム

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07506
いつよりか 「先生」とわれを 呼ぶ姉妹 今朝は畦道の 草を刈りゐる
イツヨリカ センセイトワレヲ ヨブシマイ ケサハナハテノ クサヲカリヰル

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114


07507
母のみが 知りてたのしむ 朝々に 庭にゐるとふ 小雀のつがひ
ハハノミガ シリテタノシム チョウチョウニ ニワニヰルトフ コガラノツガヒ

『短歌』(角川書店 1958.9) 第5巻9号(通巻57号) p.114