さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

短歌

 
海よりの        手に重き        小琴彈く        瑠璃いろの       
少年の         復原を         石を磨りて       笑ふ埴輪と       
風出づる        距れば         ぬけがらを       醒めてゆく       
足り易き        ささくれて       移り來し        
 
 
 

07453
海よりの 反射まばゆき 部屋に覺め 晦冥に戻る ごとく起き出づ
ウミヨリノ ハンシャマバユキ ヘヤニサメ カイメイニモドル ゴトクオキイヅ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07454
手に重き 埴輪の馬の 耳ひとつ 片耳の馬は いづくにをらむ
テニオモキ ハニワノウマノ ミミヒトツ カタミミノウマハ イヅクニヲラム

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07455
小琴彈く および傷める 埴輪据ゑ ひそかに樂を よみがへらしむ
ヲゴトヒク オヨビイタメル ハニワスヱ ヒソカニガクヲ ヨミガヘラシム

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07456
瑠璃いろの 勾玉を掌に まろがして 裳裾吹かるる 思ひにゐたり
ルリイロノ マガタマヲテニ マロガシテ モスソフカルル オモヒニヰタリ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07457
少年の 秘めもつ石鏃 出土地を 記せるカードの 文字もをさなし
ショウネンノ ヒメモツヤジリ シュツドチヲ キセルカードノ モジモヲサナシ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07458
復原を 終へし繩文の 坏ささげ 古代の酒は 充たすよしなし
フクゲンヲ オヘシジョウモンノ ツキササゲ コダイノミキハ ミタスヨシナシ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.58


07459
石を磨りて 石鏃作りゐし 少年ら やにはに獣 逐ふ眞似したり
イシヲスリテ ヤジリツクリヰシ ショウネンラ ヤニハニケモノ オフマネシタリ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07460
笑ふ埴輪と 泣く埴輪ならび よるべなし 不意に窓より 海の匂ひす
ワラフハニワト ナクハニワナラビ ヨルベナシ フイニマドヨリ ウミノニオヒス

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07461
風出づる 氣配に波の 秀が燿れば 蒐めし貝を 措きて起ちゆく
カゼイヅル ケハイニナミノ ホガテレバ アツメシカイヲ オキテタチユク

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07462
距れば 性もわかたぬ 土偶にて うながす聲の もはや聽かれず
ヘダタレバ セイモワカタヌ ドグウニテ ウナガスコエノ モハヤキカレズ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07463
ぬけがらを 置きて翔びたつ すべなきに 洗ひし髪の たちまち乾く
ヌケガラヲ オキテトビタツ スベナキニ アラヒシカミノ タチマチカワク

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07464
醒めてゆく こころさながら まもりつつ ながき葵の 花どきも過ぐ
サメテユク ココロサナガラ マモリツツ ナガキアオイノ ハナドキモスグ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07465
足り易き こころみづから 寂しみて 沼のほとりを 朝々かよふ
タリヤスキ ココロミヅカラ サビシミテ ヌマノホトリヲ チョウチョウカヨフ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07466
ささくれて 光りゐし水 凪ぎゆけば うす絹のごとき 波紋を浮かす
ササクレテ ヒカリヰシミズ ナギユケバ ウスキヌノゴトキ ハモンヲウカス

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59


07467
移り來し 部屋にかかぐる 月光像 いくばくか變へて ゆかむくらしも
ウツリコシ ヘヤニカカグル ガッコウゾウ イクバクカカヘテ ユカムクラシモ

『短歌』(角川書店 1957.8) 第4巻8号(通巻44号) p.59