さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
蘭の鉢を        コーヒーの       坂の上に        葉先のみ        
なほざりに       卵黄の         石蕗の         とめどなく       
まじなひに       あがなはむ       マホメットも      いけにへの       
身に響き        薄墨いろの       駅前に         踏み絵などに      
亡き人の        はじめより       身代りに        保護色の        
 
 
 

06444
蘭の鉢を 取り込まむとして 花よりも 葉よりも寒き われかも知れず
ランノハチヲ トリコマムトシテ ハナヨリモ ハヨリモサムキ ワレカモシレズ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06445
コーヒーの 缶買ひ足して 店を出づ 冬は入り日の 美しき町
コーヒーノ カンカヒタシテ ミセヲイヅ フユハイリヒノ ウツクシキマチ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06446
坂の上に バスを待ちゐて ゆくりなく 雪積む屋根に 照る月も見つ
サカノウエニ バスヲマチヰテ ユクリナク ユキツムヤネニ テルツキモミツ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06447
葉先のみ 青々として すきとほり 茎折れ易し 冬の三つ葉は
ハサキノミ アオアオトシテ スキトホリ クキオレヤスシ フユノミツバハ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06448
なほざりに なすこと多く 一人には 広き階下を 区切りて住まふ
ナホザリニ ナスコトオオク ヒトリニハ ヒロキカイカヲ クギリテスマフ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06449
卵黄の かたまるまでの 十五分 縛らるるごとし 見えぬ絆に
ランオウノ カタマルマデノ ジュウゴフン シバラルルゴトシ ミエヌキズナニ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06450
石蕗の 一輪のみが 咲き残り 昨日と同じ 蜂が来てゐる
ツワブキノ イチリンノミガ サキノコリ キノウトオナジ ハチガキテヰル

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.24


06451
とめどなく 流るるわれを くひとむる 棚の如きは まさ目に見えず
トメドナク ナガルルワレヲ クヒトムル タナノゴトキハ マサメニミエズ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06452
まじなひに 過ぎざらむとも マグネットの 頸飾りして 仕事に向ふ
マジナヒニ スギザラムトモ マグネットノ クビカザリシテ シゴトニムカフ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06453
あがなはむ 咎もあるべし 現し身の 膝腫るるまで 立ち働きて
アガナハム トガモアルベシ ウツシミノ ヒザハルルマデ タチハタラキテ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06454
マホメットも 隊商として 若き日は 小走りに歩く男 なりしと伝ふ
マホメットモ タイショウトシテ ワカキヒハ コバシリニアルクオトコ ナリシトイタフ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06455
いけにへの 像は醜く 彫れりとふ すさまじかりし 古代を思ふ
イケニヘノ ゾウハミニクク ホレリトフ スサマジカリシ コダイヲオモフ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06456
身に響き 楔打たるる 夢なりき 丸太なりしが 跡形も無き
ミニヒビキ クサビウタルル ユメナリキ マルタナリシガ アトカタモナキ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06457
薄墨いろの 雲に戻りて 暮れむとし ビルは生き生きと 点り初めぬ
ウスズミイロノ クモニモドリテ クレムトシ ビルハイキイキト トモリハジメヌ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06458
駅前に あつまる車 見てあれば 流線型とふ 言葉も古りぬ
エキマエニ アツマルクルマ ミテアレバ リュウセンケイトフ コトバモフリヌ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06459
踏み絵などに いつかは必ず 試されむ われと思へば 寒し未来も
フミエナドニ イツカハカナラズ タメサレム ワレトオモヘバ サムシミライモ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06460
亡き人の いまさばと頻り 言ひ呉るる 新しくなりし 家を訪ひ来て
ナキヒトノ イマサバトシキリ イヒクルル アタラシクナリシ イエヲトヒキテ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06461
はじめより かうなると決り ゐしごとし ひとり近づく 父の齢に
ハジメヨリ カウナルトマキリ ヰシゴトシ ヒトリチスヅク チチノヨワイニ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06462
身代りに 枯れゆく蘭と 思ふまで 蝶のかたちの 花びら垂りぬ
ミガワリニ カレユクラント オモフマデ チョウノカタチノ ハナビラタリヌ

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25


06463
保護色の ごとくに黒の セーターを まとひて過ぎて 今日は立春
ホゴショクノ ゴトクニクロノ セーターヲ マトヒテスギテ キョウハリッシュン

『形成』(形成発行所 1978.4) 第26巻4号(通巻300号) p.25