さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
目に見えず       句読点         いつの日に       対岸の         
菜種蒔き        襟刳りの        迂闊なる        
 
 
 

05490
目に見えず 何よぎるとも 知れぬ空 仰ぎつつ無告の 一人かわれも
メニミエズ ナニヨギルトモ シレヌソラ アオギツツムコクノ ヒトリカワレモ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05491
句読点 うちあぐみつつ 書く書類 午後は耳のみ 敏くなりゐて
クトウテン ウチアグミツツ カクショルイ ゴゴハミミノミ サトクナリヰテ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05492
いつの日に つかむ勝負か 惑ひつつ 書く文字罫を 越ゆることなし
イツノヒニ ツカムショウブカ マドヒツツ カクモジケイヲ コユルコトナシ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05493
対岸の 楢の林に 陽のさして 間なく落葉の 降る見つつ過ぐ
タイガンノ ナラノハヤシニ ヒノサシテ マナクオチバノ フルミツツスグ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05494
菜種蒔き 麦蒔き峡の 日々晴れて しづけく冬を 待つ一部落
ナタネマキ ムギマキカヒノ ヒビハレテ シヅケクフユヲ マツイチブラク

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05495
襟刳りの 深きさみしさ 旅の夜に 失ひしブローチの ゆゑのみならず
エリグリノ フカキサミシサ タビノヨニ ウシナヒシブローチノ ユヱノミナラズ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻68号) p.3


05496
迂闊なる 言葉あやぶみ 聽きゐしが デッキに立てば われより高し
ウカツナル コトバアヤブミ キキヰシガ デッキニタテバ ワレヨリタカシ

『形成』(形成発行所 1958.12) 第6巻12号(通巻58号) p.3