さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
手を汚さぬ       父亡きあと       去年よりは       更けてより       
風あれば        傍らの         なづみ易き       訪ね来て        
 
 
 

05350
手を汚さぬ 生き方と言はれ 寂しかりき ミシン踏みゐて また思ひ出づ
テヲヨゴサヌ イキカタトイハレ サビシカリキ ミシンフミヰテ マタオモヒイヅ

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05351
父亡きあと 苦しめる日も 過ぎゆきぬ 今年は大学を 終へむ妹
チチナキアト クルシメルヒモ スギユキヌ コトシハダイガクヲ オヘムイモウト

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05352
去年よりは こころ落ちゐる われと思ひ 父の忌の夜の 夕餉に向ふ
コゾヨリハ ココロオチヰル ワレトオモヒ チチノキノヨノ ユウゲニムカフ

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05353
更けてより 月さす窓よ 海ひとつ 越えたるごとき 目覚めは来ずや
フケテヨリ ツキサスマドヨ ウミヒトツ コエタルゴトキ メザメハコズヤ

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05354
風あれば 穂草吹かれて ゆるるのみ 疑ひを解かむ などと思ふな
カゼアレバ ホクサフカレテ ユルルノミ ウタガヒトカム ナドトオモフナ

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05355
傍らの 鏡ふたたび 振り向かず ものを嚙むとき 顳顬うごく
カタワラノ カガミフタタビ フリムカズ モノヲカムトキ コメカミウゴク

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05356
なづみ易き 夕べよかへり 見る波止場 アリゾナ号にも 灯はともりたり
ナヅミヤスキ ユウベヨカヘリ ミルハトバ アリゾナゴウニモ ヒハトモリタリ

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5


05357
訪ね来て 児らと遊ばぬかと いう便り 分教場は雪に うづもれてゐむ
タズネキテ コラトアソバヌカト イウタヨリ ブンキョウジョウハユキニ ウヅモレテヰム

『形成』(形成発行所 1957.3) 第5巻3号(通巻47号) p.5