さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
明け方は        送られし        噴水の         待たれゐむ       
ひとり住む       伸び放題の       昏れぐれの       風起し         
身代りと        
 
 
 

05302
明け方は 霧深からむと いふ予報 聴きてより夜の 思ひさまよふ
アケガタハ キリフカカラムト イフヨホウ キキテヨリヨノ オモヒサマヨフ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.9


05303
送られし 形見の鏡 梱包を 解くてのひらを 映してゐたり
オクラレシ カタミノカガミ コンポウヲ トクテノヒラヲ ウツシテヰタリ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.9


05304
噴水の 光れる樹陰 白きベンチ いづこにあらむ とも知らず恋ふ
フンスイノ ヒカレルコカゲ シロキベンチ イヅコニアラム トモシラズコフ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.9


05305
待たれゐむ 手紙なれども 萩の花 咲きたりとのみ 書きて封閉づ
マタレヰム テガミナレドモ ハギノハナ サキタリトノミ カキテフウトヅ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.9


05306
ひとり住む わが窓の遅くまで 灯ること など噂して さみしき主婦ら
ヒトリスム ワガマドノオソクマデ トモルコト ナドウワサシテ サミシキシュフラ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.10


05307
伸び放題の 夏草のなか ひいでたる 幾茎ありて 穂ばらみ始む
ノビホウダイノ ナツクサノナカ ヒイデタル イクケイアリテ ホバラミハジム

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.10


05308
昏れぐれの 蜩のこゑ さまざまの 角度に反響 しつつしづけし
クレグレノ ヒグラシノコヱ サマザマノ カクドニハンキョウ シツツシヅケシ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.10


05309
風起し つつゆくバスに ゆられゐて 野末に光り 来む湖を待つ
カゼオコシ ツツユクバスニ ユラレヰテ ノズエニヒカリ コムウミヲマツ

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.10


05310
身代りと いう語がいざなふ 感傷か 今日も来て埴輪の 少女を眺む
ミガワリト イウゴガイザナフ カンショウカ キョウモキテハニワノ ショウジョヲナガム

『形成』(形成発行所 1956.10) 第4巻10号(通巻42号) p.10