さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
声嗄れて        小さき籠に       夜をこめて       葉洩れ陽を       
緑色の         作業衣の        帰りのバスの      会はば手を       
姑として        雨しぶく        憤然と         福相を         
日曜も         
 
 
 

05270
声嗄れて けうとき午後の 窓の外 何か倒れて はや音もなし
コエカレテ ケウトキゴゴノ マドノソト ナニカタオレテ ハヤオトモナシ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05271
小さき籠に 移されしつがひの 頰白も いつか鎮まり 夕昏れて来ぬ
チイサキカゴニ ウツサレシツガヒノ ホオジロモ イツカシズマリ ユウグレテキヌ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05272
夜をこめて 松のしづれの 音ばかり 身を脅かす 足音もなし
ヨヲコメテ マツノシヅレノ オトバカリ ミヲオビヤカス アシオトモナシ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05273
葉洩れ陽を 乱しつつ飛ぶ 蝶見ゐて 忽ちわれは 眩みてしまふ
ハモレビヲ ミダシツツトブ チョウミヰテ タチマチワレハ クラミテシマフ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05274
緑色の 息たつごとき 麦生来て 憎しみに遠し 今のこころも
リョクショクノ イキタツゴトキ ムギフキテ ニクシミニトオシ イマノココロモ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05275
作業衣の 身につきし少年 自転車より バス待てるわれに 声かけて過ぐ
オーバーオールノ ミニツキシショウネン ジテンシャヨリ バスマテルワレニ コエカケテスグ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05276
帰りのバスの 窓より放たば よく飛ばむ 風船を貰ひて デパートを出づ
カエリノバスノ マドヨリハナタバ ヨクトバム フウセンヲモラヒテ デパートヲイヅ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05277
会はば手を とりて泣かむなど 思ひゐし わが甘さ姑は 端然と坐す
アハバテヲ トリテナカムナド オモヒヰシ ワガアマサハハハ タンゼントザス

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05278
姑として かしづく最後の 日と思ふ 感傷にも紛れず 長き苦渋は
シュウトトシテ カシヅクサイゴノ ヒトオモフ カンショウニモマギレズ ナガキクジュウハ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05279
雨しぶく ホームに佇ちつくす 無縁の人と なるかも知れぬ 姑を発たしめて
アメシブク ホームニタチツクス ムエンノヒトト ナルカモシレヌ ハハヲタタシメテ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05280
憤然と 座をたつ友を 見送れり 誤れるとも いさぎよきかな
フンゼント ザヲタツトモヲ ミオクレリ アヤマレルトモ イサギヨキカナ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05281
福相を もつと言はれて 笑ひたり 本当に幸福 なのかも知れぬ
フクソウヲ モツトイハレテ ワラヒタリ ホントウニコウフク ナノカモシレヌ

『形成』(形成発行所 1956.6) 第4巻6号(通巻38号) p.6


05282
日曜も 麦刈りに追はれむと 言ふ友を かこみてわれら 羨しみ合へり
ニチヨウモ ムギカリニオハレムト イフトモヲ カコミテワレラ トモシミアヘリ

『形成』(形成発行所 1956.7) 第4巻7号(通巻39号) p.56